管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

社会人時代の私のスローガンは「人の倍稼いで人の半分のコストで暮らす」

資産を作るためのノウハウ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

私は10年ちょっとの期間、正社員という立場で会社で働いていました。

私は自他共に認める超凡人で、ごくごく一般的な企業に就職したので残念ながら高給取りではありませんでした。

20代の頃の年収は平均300万円代、退職間際にやっと600万円弱くらい。

 

そんな私でしたが、ある時から資産形成に目覚め、

「人の倍稼いで半分のコストで暮らす」

というのを目標にしていたら、33歳で3000万円の資産形成に成功していました(^ ^)/

 

スポンサーリンク

20代がむしゃらに働いて貯蓄が1000万円に到達していたことが契機だった

私が“資産”というものを意識し始めたのは、28歳の時に気がついたら1000万円溜まっていたことです。

管理人ちー
管理人ちー

これが資産形成に目覚めたきっかけ!

 

正直それまではただただ仕事が忙しくて、使う暇がなかったとも言えますね(笑)

しかし、その頃から平均より稼ぎたいという思いは強かったと思います。

特に女性の場合、同じ会社でも男女で差があったりしますよね?

私自身も最初は経理部に回されたので年収は300万円ほどしかなく、このままではヤバイのでは?と思いましたね。

 

それでなんだかんだ会社側と交渉して、契約高で報酬が決まる営業職に異動しました。

専門的な資格がいる仕事だったのでその資格の勉強をしながら実務もこなすのは最初はキツかったんですが、資格が取れて仕事ができるようになってくるとどんどん楽しくなっていったんですよね。

 

そしてそれなりに契約が取れるようになれば、年収も徐々に上昇。

まぁ大手企業と比べれば営業職でも決して多くはなかったんですが、経理時代300万円から500万円を超えるまでになったのは本当にあの時に交渉してよかったなぁと思います。

 

こんな感じで仕事のことで手一杯だったおかげで、ある意味勝手に1000万円達成。

その1000万円という数字を見て、心の底から「頑張った甲斐があった!!」と思いましね〜

 

まだまだ上を目指すにはどうしたらいいか?

そしてその時、なんかスイッチが入った感じがして

管理人ちー
管理人ちー

次は3000万円を経験してみたい(・∀・)

と思うように。

 

しかし、ここでやっと他の男性社員と稼ぐ力が同等になっただけ。

これだけでは3000万円は遠すぎる目標でした。

 

かと言って今の会社でどう頑張っても年収1000万円以上稼ぐのは無理だし、転職したって無理ということは私自身よく分かっていました。

そこで、平凡脳の私でも給料以外に稼ぐ方法はないか?と模索し始めるわけです。

 

くしくも当時、ちょうどリーマンショックから少しずつ回復しつつある時。

私は20歳から株をやっていたんですが、私の保有株はライブドアショック、リーマンショックと続いてダメージを受けていたため散々な状態でした。

 

しかし、

管理人ちー
管理人ちー

せっかくだったらこの損失を取り戻したい!

ってかこれからは絶対にプラスにして株で成功してやる!

と、急にやる気が(笑)

そこから株についての基礎からちゃんと勉強し直し、本格的に投資を始めたのでした( ^∀^)

 

目標を達成するためには具体的に掲げることが重要!

そこから徐々に投資うまくいき始め順調に資産が増えていくと、もっと投資に資金を注ぎ込みたいと思うようになります。

管理人ちー
管理人ちー

これは投資家あるあるじゃないですかね??

 

ということで生活をどんどんミニマルに効率化していくことに没頭して、生活コストの圧縮にも成功。

一人暮らしの場合は月の生活費は14万円を推奨しています。

33歳で3000万円の貯蓄に成功した私が考える初めての一人暮らしの生活費決定版!
大学入学時や就職時に1人暮らしを始める方は多いですよね。そんな方用に具体的に予算の振り分けを考えてみました。私は、なるべく若いうちは節約を身に着けて生活レベルを低く抑えておくことと、資産を大きくしておくことを推奨していますので、私が可能だと思う金額で設定しています。最初の段階で節約志向を植え付けてしまいましょう!
独身でも楽天ポイントが毎月1万ポイント貯まる方法教えます!
さて、私は日頃から楽天市場を愛用していまして、そのおかげで毎月平均で1万ポイントは貯まっているんですよね。私は月の生活費が約16万円と決して浪費している方ではないと思いますが、そんな生活でも毎月1万ポイントは貯まります。そこで、どのように毎月1万ポイント貯めているのか、その内訳をご紹介したいと思います。

 

そして更に副業としてブログも始めました。

ブログに関してはまだ結果が出せてないんですけどね(^_^;)

開設丸2年経過!ど素人が始めたブログ。収益は出るようになった?
どうも! セミリタイアーのちーです。 なんと! このブログも2年続けることができました。 記事数も250くらいになりました。 思い返せば、2年前の仕事が一番忙しい時期に始めたんですよね。 ...

 

冒頭にも書いた「人の倍稼いで半分のコストで暮らす」というスローガンのもと、こういった生活を続けたからこそ33歳で3000万円まで到達することができました。

まぁ実際人の倍稼ぐというのは厳しかったですね(笑)

たとえ実際に実現できなかったとしても、目標として常に掲げておくことは重要だと思っています。

 

そして資産推移の表やグラフもちゃんと作成し、常に数字で把握することも重要です。

実際に私も以下のような資産推移表を作って毎年目標を達成できたかどうか確認していましたよ(^ ^)

誰でも実現可能な30代で3000万円の資産を作るための資産推移表
30代のうちに頑張って資産を作ることのメリットはたくさんありますので、多少苦労してでも30代のうちに3000万円を達成するべきだと私は考えています。そして、私は実際にこれに成功していますので、どのように30代で3000万円の資産を作るのか、私の実績をもとに資産の推移表を作成してみました。ぜひ参考にしてみてください(^^)/



今から具体的な目標を設定してみましょう

いかがでしたでしょうか?

もし今の時点で特に目標がない、もしくは目標はあるけど具体的な数字は掲げていないのでれば、すぐに設定することをおすすめします。

管理人ちー
管理人ちー

特に現在20代、30代の方はイヤでも資産形成する必要がありますよ!

現在、実際に資産形成に目覚めた人とそうでない人の格差がどんどん広がっています。

「老後2,000万円足りない」は今の話。30代ではその倍以上必要かもしれない
どうも!セミリタイアーのちーです。 最近ずっと話題になっているこの老後2,000万円不足問題。 金融庁が試算した結果、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)が公的年金以外に必要な貯蓄は...
同じアラサーで貯蓄3300万円の私と負債400万円の夫。なぜそうなったのか徹底比較
このブログでも何度か私たち夫婦は浪費夫と節約妻と言っていますが、実際に結婚の際私は30代前半で貯蓄が3,000万円を超えており、逆に夫は約400万円の負債を抱えていました。 同世代で給料もほぼ同水準。 それなのになぜこん...

 

とはいってもどういう目標を立てたらいいか分からない・・・という方はとりあえず私の真似をしてみてはいかがでしょうか?

[ステップ1]資産1000万円を達成するために
倍稼ぐ→年収アップのために会社と交渉or転職、並行して投資を始める
半分のコストで暮らす→固定費の削減、物を減らす、楽天経済圏に移行 

[ステップ2]資産3000万円を達成するために
倍稼ぐ→副業を始める(ブログ、YouTube、せどりなど)
半分のコストで暮らす→年収が上がっても決して生活水準を上げない 

そして目標達成のために資産推移表を作成して常に数字で確認すること!

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました(^ ^)/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました