一人暮らしシンプリストの現在の部屋はこんな感じです。

一人暮らし
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

人暮らしをしている皆さん、現在どのくらいの広さの部屋に住んでいますか?

 

現在、私は17畳のマンションで生活しています。

一時は物に溢れて手狭になり、もっと広いところへ引越しを考えていましたが、今は意識が変わり、今の広さこそがベストだと感じています。

好きなものだけに囲まれたシンプルでミニマルな暮らしとは?
私は現在1人暮らしで7畳のいわゆる1Kの物件に住んでいますが、私にとっては広いとさえ感じるほど余裕のある間取りです。今はシンプルでミニマルな生活が身についたおかげで、普段過度な節約をしたり、欲しいものを我慢しているわけではありませんが、家計も同世代と比べるとかなり余裕があるほうではないかと思います。

 

一人暮らしとはいえ、7畳では狭いと思っている方も多いかもしれませんが、物をしっかり管理し、インテリアを綺麗にそろえれば、7畳でも充分広々と過ごせます。

逆に、4.5畳もあれば生活するには充分だと思っています。

 

では、実際に私の現在の部屋はどんな感じになっているのか、ざっとご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

私の部屋の基本色は、白、黒、木の色の3

皆さんは部屋のコーディネートをする時、基本色というものを考えていますでしょうか?

インテリアの基本とも言える部分ですが、部屋に統一感を出すためには、基本の色を3色にまとめることが重要です。

 

私の部屋の画像を見てみてください。

 

白 → 壁紙、テレビボードシングルベッド、ブラインド、照明

黒 → テレビ、座椅子イームズ チェア
木の色 → 床、建具、鏡

 

大きな部分は基本この3色でまとめられているのがお分かりいただけるかなと思います。

そして、大きな面積の部分を白にすることで圧迫感をなくし、狭さを感じにくくしています。

 

また、家具は素材とテイストをなるべく統一。

基本、木材、ガラス、ステンレスでできたもので、無駄なデザインがないシンプルなものを選ぶようにしています。

※この写真に載っている私の部屋の家具をこちらの記事で詳しく紹介しています→一人暮らしにおすすめ!どんな色の内装にも合う私の部屋の家具をご紹介します

 

インテリアは色を揃えることが一番重要

私は、インテリアをコーディネートする時に、この色を揃えるということに一番重点を置いています。

ただ、ものによって少しずつ色は違うので、色を揃えるということは意外と難しいんですよね。

私も、常に色と戦ってきました(笑)

この色の話はめちゃくちゃ長くなりそうなので、また別の機会に詳しく書きたいなと思っています。

 

実際、部屋は片付いているのに何となくまとまりがなかったり、ごちゃついて見えてしまう部屋は、だいたい色が3色にまとまっていないケースが多いです。

特に、木の色身を揃えることを怠ってるケースが多いので、今一度ご自身の部屋の色を確認してみてください。

 

インテリアのアクセントに好きな色の小物を取り入れよう

部屋の基本色を3色にまとめられたら、アクセントに多少カラフルなものを取り入れることをおすすめします。

私の場合、観葉植物のグリーンや、カラフルなアート作品などを飾ってアクセントにしています。

 

私はもともと観葉植物や現代アートが好きなのでそういったものを飾っていますが、それ以外で手軽に取り入れられるのは、クッションカバーやベッドカバーなどのファブリックに色を加えることです。

カバー類であれば、気分によって入れ替えることもできますのでおすすめです。

 

無印良品の売り場のような徹底的にシンプルな感じがお好きな方は何も加えなくてOKですが、自分の好きな色や物を取り入れることも大事ですよ!

 

キッチンも部屋に合わせて基本色をまとめる

次にキッチンのご紹介をしたいと思います。

キッチンも部屋と同じ基本色と素材になるべく合わせるようにしています。

 

そして、収納できるものはなるべく収納して、天板には極力物を置かないようにしています。

料理してないんじゃない?と思われそうなキッチンですが、一応作ってますよ!(晩ご飯だけですが笑)

そのほうが見た目も綺麗で掃除も楽です。

 

使用頻度の高い調味料やキッチンツールのみ出していますが、こちらも掃除が楽になるように置くのではなく、吊るしています。

掃除の観点からしても吊るす収納は最強です!

毎日同じ状態に戻すように心がけていますが、物が少なければ少ないほど元に戻すのが楽になりますよ♪

 

そして、キッチンではまな板をあえて黄緑を選んで、アクセントとしています。

このまな板、ジョセフジョセフというイギリスのメーカーのものなんですが、壁に張り付きます。

 

まな板ってけっこう置き場所に困りまりませんか??

こちらは濡れたままでも壁にぴったり張り付くのでものすごくお気に入りなんですが、残念ながら現在は販売されておりません(泣)

代わりのものを探しているんですが、似たようなものがなかなか見つからないんですよね・・・。



狭い部屋の場合は狭いなりのインテリアを楽しもう

今この記事を書いていて改めて思いましたが、私の部屋って女性っぽい要素がひとつもありませんね(笑)

ピンクなどの淡い色がもともと好きではないんですが、何か女性として大丈夫かなと思ってしまいました。

 

それはさておき、今回ご紹介した私の部屋は7畳という広いとはいえない空間ですが、色を揃えているおかげでけっこう広く感じるのではないかと思います。

また、家具も背の低いものを選ぶようにしていますので、圧迫感が軽減される分、それだけでもかなり違って見えます。

 

このように、色を揃えることはとても重要ですが、お気に入りのものはちゃんと飾って、自分らしさは楽しんでいただきたいなと思います。

何でか分からないけど部屋がごちゃつく、という方の参考になれば嬉しいです!

 

下記の記事で洗面とトイレの紹介もしておりますので、よろしければぜひ覗いてみてください♪

続・一人暮らしシンプリストの現在の部屋【洗面・トイレ編】
さて、以前私の現在の部屋をご紹介させていただきましたが、今度は水周りのほうもご紹介させていただきたいと思います。私のマンションもザ・1K賃貸な洗面とトイレですが、なるべく色身を抑えてシンプルにまとめることで、広さと清潔感を出すように心がけています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました