管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

あなたはいつリタイアしたい?30代40代50代で達成する場合の違い

アーリーリタイアについて
スポンサーリンク
この記事を書いた人

アラサーで会社員を卒業し現在ゆるく生きているちーです!サイドFIRE3年目の投資好きな個人事業主。
当ブログでは好きなことだけをして生きていくために私が実践している
「ミニマルライフ×複業×資産運用」
について発信中♪

その他YouTubeチャンネル「ちーのはんぶん自由な日々」の運営、Yen SPA!、AERA、トウシルなどメディアにも多数掲載実績あり。

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする
YouTubeやってます!チャンネル登録よろしくお願いいたします♪

 

リタイア系ブログを見ていると、それぞれ年齢も資産額も家族構成もバラバラです。

しかし、私が以前に調査してみた感じだと(ブログ村で資産や大体の年齢を公開している人20人程度を集計)セミリタイアの場合、

平均資産約3000万円

平均年齢40代前半

といった感じでした。

資産3000万円でセミリタイア(サイドFIRE)は少なすぎる?それとも・・・
さて、少し前にヤフーニュースに載った時のことを書いたんですが、その時のコメントで たった3000万円でセミリタイアなんて無謀すぎる という意見も多かったんですよね。 ただ...

 

ということは、私はまさに平均値くらいでセミリタイアに入ったと言えるんですが、実際に皆さんは何歳くらいでリタイアを考えているのでしょうか?

また、セミなのか完全なのか?どちらを目指していますか??

 

スポンサーリンク

52歳までフルで働けば誰でも1億円は可能

私はアベノミクスのおかげで33歳で3000万円の資産形成に成功しましたが、基本は誰でも一定の基準さえ満たせば30代で3000万円は可能だと思っています。

このことについて詳しく知りたい方は下記の記事も読んでみてくださいね!

誰でも実現可能な30代で3000万円の資産を作るための資産推移表
30代のうちに頑張って資産を作ることのメリットはたくさんあります。 以前書いた記事でもそのことに触れていますが、その後の人生に断然余裕が出てきますので、40歳までは多少苦労してでも3000万円を達成するべきだと私は考えています...

 

そして、こちらが私がいつも出している30代で3000万円の資産を作るための表なんですが↓

 

これを60歳まで延長してみるとこうなります↓

 

これを見てみると

38歳で3000万円

43歳で5000万円

52歳で1億円

という感じになります。

 

このように、大卒男性の平均給与があって生活費を240万円以内に収めて200万円程度投資に回すことができれば、誰でも52歳という若さで1億円に達してしまうんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

実際これだけの資金があればかなり安心してリタイア生活に入れますね

 

しかし、問題は50代でいいのかって話です。

もっと若くしてリタイアしている方のほとんどが、多分ですがそこまで待ってられない!っていうことなんだろうなぁと。

 

資金が6000万円未満の場合はやはりセミしか無理

上記の表のように必要な生活費が年間240万円でリタイア後も同じだけの生活費がかかるとすると、4%ルールに当てはめると必要な資産額は6000万円になります。

ということは、38歳3000万円だとちょうど半分の資産しかないので、半分は労働で稼ぐセミリタイアやサイドFIREといった状態になりますね。

管理人ちー
管理人ちー

私も現在はこの状態( ´∀`)

 

そして、完全に働かなくてもいいラインは45歳の資産が6000万円に達した時点ということになるので、逆に言えば45歳までは完全リタイアは無理ということになります。

そのため、まずはセミでいいのか完全リタイアしたいのかでも目指す資金額というのは変わってきますね。

 

もしくは、セミリタイア後の生活費を極端に抑えれば可能っちゃ可能になります。

3000万円÷25=120万円

なので、年間の生活費が120万円以内になれば一応完全リタイアも理論上はいけちゃいます。

 

あとは個々の考え方や生き方次第

ということで、まずはセミなのか完全なのかどちらを目指すか?

そしてリタイア後の生活はどのようなものにするのか?

そしてそもそも本当に4%ルールの資産額で大丈夫と思えるか?

 

といったところが判断材料になってくるかなと思います。

私の場合はぶっちゃけ結婚という頭がおかしくなるイベントによって早まってセミリタイアしてしまったクチですが、本来は5000万円でセミリタイアかなぁと考えていました。

というのも、私自身もやはり4%ルールの資金ではちょっと危ないと思っていたからです。

私が以前考えていた資金の目安はこちら↓

[家族構成別][年齢別]セミリタイアに必要な資産はいくら?目安まとめ
さて、このブログではなるべく若いうちに3000万円の資産形成をすすめていますが、3000万円という額はセミリタイアするための軍資金としても最低必要な金額となります。 もちろんその人の家族構成や生活水準によって変わりますが、既婚...
管理人ちー
管理人ちー

実際に本当に4%ルール分しか資産を用意せずにFIREしている人って少ないんじゃないですかね??

 

しかし、結果的には生活費は一人暮らしの時からあまり変わらず150万円程度に収まっているのでサイドFIRE状態・セミリタイア生活は十分維持できています。

そして資金も順調に伸びています。

ただし、子供を養うということを考えると全然足りないので、現在はその費用分労働を増やしているといった感じですね。

FI(経済的自立)を達成してから好きなことをして働くのは楽しすぎる
私のブログをいつも見てくださっている方は気づいているかもしれませんが、毎月公開しているセミリタイア資金は3800万円を突破しています。 そして私が一人暮らしをしてる時からの平均の年間生活費は約150万円なので、本家FIREの計...



私の場合はアラサーでセミリタイアして正解だった

このように、あくまで私の場合はですがアラサーの時点でセミリタイアに踏み切って結果的には正解でした。

結婚したことにより逆に資産が減るという誤算もありましたが、それを含めても結婚してセミリタイアも良かったと思っています。

[独身VS既婚]実際どっちが有利なのか?セミリタイア費用を徹底比較してみた
以前に3000万円でサイドFIRE(セミリタイア)は少なすぎるのか?という記事を書いたんですが、当初は私も5000万円で考えていたんですよね。 しかし結婚とともに会社を辞めざるを得なくなったため、思いがけず3000万円でセミリ...

 

実際、今は独身でこれからも一生独身で行くと思っていても数年後家族を作っているかもしれませんよ。

このように、未来自分がどのようになっているかなんて分からないわけです。

 

そのため、このブログでも毎度毎度言っていることですが、どのような未来にも対応できるようにFIRE達成ラインまでの資産を作っておくことが重要だと思っています。

管理人ちー
管理人ちー

別にリタイアしなかったとしてもあって困るものじゃないですからね(^ ^)

逆に仕事をずっと続けていけば60歳で1億8000万円になるので、それを運用し続けて5億円超にして、死んでから遺族をびっくりさせるっていうのも面白いかも笑

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました