老後生活苦を訴える夫婦とミニマリストの生活費はほぼ同じだった

家計管理
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

最近老後2,000万円問題に絡んで、老後に生活苦に陥った方の特集が多いですよね。

少し前にたまたまテレビを見ていたら、こんな夫婦が紹介されていました。

年金生活を送るある夫婦:貯蓄ゼロで不安な毎日

生活費月13万円

交際・教養・娯楽・服・生活用品など0.6万

交通通信1万

食料5万

保険医療2万

光熱水道1.5万

住民税など1万

住宅2万

 

この夫婦は自営業だったため、夫婦2人の生活費は国民年金とアルバイト収入のみで賄っているそうです。

生活費は13万円ということで決して余裕はないですが、これって生活苦というほどなんですかね?

家賃以外はミニマリストやセミリタイアを送っている方達の生活費とあまり変わらないような・・・。

まぁミニマリストが特殊なのかもしれませんが(笑)

 

スポンサーリンク

生活苦の夫婦の生活費はモデルケースの半分

ちなみに、モデルケースとして出ていた一般的な夫婦2人の生活費は以下の通りです↓

生活費月26万円

交際・教養・娯楽・服・生活用品など9.6万

交通通信2.7万

食料6.4万

保険医療1.6万

光熱水道1.9万

住民税など2.8万

住宅1.3万

 

これで平均の生活なんですね(@_@)

管理人ちー
管理人ちー

皆様けっこう贅沢な暮らしをしているようで・・・

住宅が1.3万円ということは持ち家という前提なんだと思いますが、家賃がほとんどない状態で月の生活費が26万円って結構多いんじゃないかと思うんですがどうなんでしょう?

 

確かにこのモデルケースと比較すると上記の生活苦を訴える夫婦はキツそうに思えますが、私の基準からするとそれなりの生活はできるんじゃないかと思います。

特に食費はもっと削れると思うので、食費を5万→3.6万に抑えて娯楽を0.6万→2万に増やせばそこまでひもじい思いはせずに生活できると思うんですよね。

というか、そもそもある程度貯蓄があればこんなにカツカツな生活をしなくても済んだのに、なぜこの夫婦は全く貯蓄をしてこなかったのでしょうか?

 

夫婦の訴え「ちゃんと年金を納めていたのにこんな生活苦になるなんて」

この夫婦は自営業のため老後は国民年金が収入の全てであり、貯蓄はないためこれと多少のアルバイトでなんとかやりくりをしている状態。

そして、この夫婦の訴えとしては

若い時には一生懸命働いて、子供を育てながらちゃんと年金も納めていた。

そうすれば老後は心配ないと思っていたのに、こんな苦しい生活になるなんて・・・。

というもの。

 

昔のことは分かりませんが、当時は年金だけで余裕のある暮らしができると国が謳っていたんですかね?

もしそうだとしたら国にも責任があると思いますが、普通は老後に向けてある程度は貯蓄をしておくと思うんですが・・・。

共働きで2人とも厚生年金をかけていた私の両親でさえ、貯蓄は別途用意してたみたいです。

 

そもそも、老後年金がいくらもらえるのか調べれば分かることだと思うんですよね。

この番組を見ていたら、何だか他力本願すぎてちょっと呆れてしまいました。

 

この老夫婦と私の決定的な違い

この夫婦の場合、はっきり言って自業自得と言わざるを得ない状況ですが、この夫婦が今の生活が不安で仕方がないという背景には、やはり“貯蓄がない”ということが関係しているのではないかと思います。

私もこの夫婦よりちょっといいくらいの生活水準で今生活をしていますが、私にはある程度資産があります。

 

例えば病気になって働けなくなる、医療費がかかるなどの事態が起きた時に、私のように資産があればそれを使って何とか乗り切ることができると思いますが、資産がなければどうすることもできません。

また、私は贅沢な暮らしがしたい!と思えば今ある資産を使ってある程度実現することもできます。

 

そういった点から、同じような生活をしていても

お金の余裕はあるけど使わない

のと

お金の余裕がないから使えない

では雲泥の差があるということですね。

 

また、この夫婦がどういった自営業をされていたかは分かりませんが、働いていた時にはある程度余裕のある暮らしをしていたとしたら、生活水準が下がったことによって“よりひもじく感じる”ということもあるかもしれません。

私は元々生活水準が低いので今の生活も全然気になりませんが、生活水準って落ちるとすごく苦痛を伴うものなんですよね。



心の余裕を持つためにもやっぱり資産を作っておこう

この夫婦の事例を見ても思うことは、やっぱりまとまった資産を作っておくことが重要だということです。

このブログでも何度か出てきたワードですが、

「お金は心の安定剤」

です。

これは間違いありません。

 

特に老後にこんな辛い思いはしたいくないですよね。

この夫婦にもお子さんがいるということなので、いざという時には子供に頼ることも可能かもしれませんが、今や子世帯も自分の家庭のことで手一杯ですからね。

共倒れにならないためにも、やっぱり自分のことは自分で責任を持って生きていきたいものです。

 

もし、まだ全く貯蓄ができてきない方はまず100万円という金額の貯蓄を目指してみましょう。

貯金0円のあなた!まずは今日から1年かけて100万円を貯めてみませんか?
今皆さんは年間にどのくらい貯蓄ができていますでしょうか?先日会社の同期である男性が結婚はしたいけど、貯金が全くないから無理だわ~といっているのを聞き、これは由々しき問題だ!ということで、今貯金が全くないという方向けにまずは第一の壁である100万円を貯めてほしいと思い、その方法を具体的に考えてみました。
100万、1000万、3000万円。貯蓄の3つ壁を超える方法とは?
貯蓄をする上でよく言われる3つの壁。 それは100万円、1000万円、3000万円という節目の金額で出現します。 3000万円を達成できてからも5000万円、1億円とまた壁が出現してきますが、そこに到達するのはごく一部の...

そしてある程度まとまった金額を作ることができたら、将来のためにも徐々に投資を始めてみてください。

投資を始めたいけど損するのが怖い?それならまずお金を使わずに投資デビューしよう
皆さん投資は始めていますかー? 今後は投資も取り入れていかないと豊かな人生は送れない時代になってきます。 しかし、分かっちゃいるけど始められない♪ という方もまだまだ多いんじゃないですかね。 やっぱり...
投資初心者はまずNISAとiDeCoの口座を開設せよ!
どうも! セミリタイアーで投資家のちーです。 さて、このブログではシンプルライフとともに主に書いているのが投資についてです。 1年くらい前に書いた記事ですが、日本の金融資産のうち投資商品の割合は、たったの17%程度...

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました