今の年収を時給換算するといくらになるのか計算してみよう

働いて稼ぐ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。
現在はセミリタイア生活を続けながら60歳までに1億円の資産形成に挑戦中!

お金持ちは目指していません。
安心して自由に生きるために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)
当ブログではそのために私が実践している
ミニマルライフ×投資×副業
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

こんにちは!

自称シンプリストのちーです。

 

現在、会社員の平均年収は400万くらいだそうですが、その中でも残業が全く無い人、毎日2、3時間残業する人様々ですよね。

同じ年収に見えても、拘束時間が長ければ長いほど時給に換算するとその報酬額は下がってしまいます。

私は自分の時間に対しての報酬がいくらなのかということを常に意識していますので、平均値でどのくらいの時給となるのか計算してみました。

 

スポンサーリンク

年収400万、平均労働時間9時間の場合の時給はいくら?

モデルケース

平均年収

税込400万円

平均労働時間

9時間(残業1時間、昼休憩の1時間は除く)

月の平均勤務日数

20日

社会保障制度、退職金制度ありとします。

 

会社の場合、社会保険と退職金があると年収の他に下記の費用を会社が負担してくれています。

自営業の場合と比較するためにも、こちらの費用も含めて計算してみました。(賞与も含めて計算)

 

社会保険ありの場合

健康保険料 月約17,000円

厚生年金 月約31,000円

退職金ありの場合

退職金 月15,000円(ここでは、企業型確定拠出年金の平均掛金とする)

 

会社が負担している費用

合計63,000円

 

年収400万÷12ヶ月=月収333,000円

こちらに会社負担分月63,000円をプラスすると、396,000円となります。

というとは、実質月に396,000円の報酬を得ているというこになりますね。

 

では、これを時給に換算すると一体いくらになるんでしょうか?

 

時給に換算すると2,200円

396,000÷20日=一日あたりの報酬19,800円

19,800円÷9時間=一時間あたりの報酬2,200円

 

時給は2,200円となりました。

会社の負担分も考慮すると、意外と時給はですね!

 

会社員の場合、この負担分を普段はあまり気にすることがありませんが、とても大きい額となります。

ということは、逆に社会保障制度や退職金制度が無い場合、月に63,000円分も損していることになりますので、就職する際はこの2点があるかどうかしっかり確認する必要がありますね。

 

残業がアリかナシかでこんなに時給が違ってくる

次に、残業が全くない場合(8時間)と、毎日4時間残業する場合(12時間)でも算出してみると、

19,800円÷8時間=一時間あたりの報酬2,475円

19,800円÷12時間=一時間あたりの報酬1,650円

 

なんと、時給が約1,000円近くも違ってきます。

同じ年収でも時給がこれだけ違ってくるんですから、日々の勤務時間もよく考えて仕事していきたいですよね。

皆さんも今の時給がいくらくらいなのか、ぜひ計算してみてください。

 

また、これから就職する方や転職する方は、年収だけでなく、その会社の従業員の方が平均で何時間働いているのかをチェックすることをおすすめいたします。

 

他の収入がある場合は、その時給も計算してみよう

例えば私もやっているブログの運営ですが、これは始めたばかりなのでまだ収益と呼べるものは全く発生していません(笑)

しかし、時間はかなり費やしています。

今の段階では収入がないので時給に換算できませんが、将来月税込10万円の収益が出せるようになった場合で計算してみました。

 

現状ブログに費やしている時間はどのくらいか

私は、もともとそんなに文章力がなく、パソコンもそんなに得意とは言えないので、1記事作成するのにだいたい2,3時間かかっています。

そして現状では、月に10記事を目標としていますので、1記事あたりMAXの3時間かかったとすると、月に30時間費やしていることになります。

また、記事を書く作業以外に、色々調べたり、サイトの調整などにも時間がかかりますますよね。

これに費やしている時間も、月にだいたい30時間くらいじゃないかなと思います。

 

ということは、合計60時間費やしていることになりますね。

思ったより時間かけてますね(笑)

 

ブログで月10万円稼げた場合の時給は?

さて、これで計算してみると、

100,000円÷60時間=一時間あたりの報酬1,667円

 

となりますね。

ブログは自由な時間に作業ができるので、それでこれだけの時給がもらえるのであれば、かなりいい仕事といえるのではないでしょうか?

ただし、月10万円の収益が出せるようになるのかはまだ分かりませんが(^^;)

 

ちなみに、このようなアフィリエイトと呼ばれるブログやサイトの運営で広告収入を得ている方の8割が1,000円以下の収益しか出せていないと言われています。

その場合で計算してみると、以下のようになります。

 

ブログの収入が月1000円の場合は?

1,000円÷60時間=一時間あたりの報酬16.6円

 

16.6円・・・これは恐ろしいですね(笑)

まぁほとんどの方が収益が発生する前に辞めてしまうからとも言われていますので、実際のところどうなのかは分かりませんね。

 

何事も自分でやってみなければ実際のところは分かりませんので、一年続けてみて、収益がどうなったのかまた皆さんにご報告できればと思います。

 

まとめ

さて、このように時給に換算してみると、同じ年収でも思ったより良かったり、悪かったり、会社の制度や勤務時間によってかなり差があることが分かりました。

ただ、会社員は投資やアフィリエイトなど別の収入がある方にとっては割に合わない職業だと思われがちですが、会社が負担してくれている費用なども考えると、そこまで悪くはないのではないかと思います。

 

また、投資やアフィリエイトなどは、月の収益が安定しないので常に不安を抱えることになりますよね。

その点、会社員は毎月の収入は安定していますし、何かあった時にはある程度は守ってくれます。

 

また、社会的な信用という部分では、残念ながら今の日本では他の職業では思った以上に得にくいのです。

私がなかなか会社員をやめられないのも、やはりその辺の安心感があるからなんですよね(^^;)



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました