管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

大学へは4年間の自由と大卒という肩書きの2つを手に入れるために行く

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

私は以前大学に行くべきであるという記事を書きましたが、その意図というのは繰り返しにはなりますが、大学には勉強をしに行くのではありません。

「自分は凡人だ」と自覚している人は奨学金を払ってでも大学を出たほうがいい2つの理由
最近大卒っていう学歴って必要?っていう議論も頻繁に出ますが、確かにその人の能力や魅力には何ら関係ないと思っています。 特に大学はそれまでの教育機関に比べてべらぼうに高い割に、実際大学生の時ってそれに見合うだけの勉強ってしてたっ...

 

それより、その4年間という自由な時間を大いに活用することと、そして卒業して今の時点ではまだ強いカードと言える大卒という肩書きをゲットすることが最大のミッションだと思っています。

管理人ちー
管理人ちー

あくまで凡人である私の意見ですよ

もちろん研究を一生懸命やるなど才能のある方は別です

 

スポンサーリンク

大卒という肩書はお金がかかるが元は取れる

大学の費用ってめちゃくちゃ高いですよね。

実際大学へ行っていて思ったことですが、最新の設備にお金のかかったキャンパス内、そして優秀な肩書きを持った教授や講師たちと、とにかく豪華すぎるのが大学というものです。

 

そのため、1講義あたりの単価はめちゃくちゃ高いです。

かかる学費と必要単位数で単純に割れば出てきますが、この内容の講義をこんなお金を払って受ける価値はあるのか?と当時は思いました。

 

しかし、そもそも大学は大卒という肩書を得るためのものと思えば講義の単価云々は別にどうでもいいことなんですよね。

私自身、正社員として会社で働いたのは10年ちょっとと短かったですが、それでも大学は出ておいてよかったと思っています。

 

というのも、やはり短い間だったとはいえ年収はそれなりに良かったのでここまで資産形成ができたと思うし、なんだかんだで大卒か高卒かで色々判断されちゃう世の中ですからね・・・。

総合的に考えればやはり、まだ大卒は有効なカードであることは確かかと思います。

 

大学の4年間は色々なバイトをして海外旅行へ行こう

当時、せっかく高額な学費を払っているのであれば取れるだけ多く単位を取った方がお得なのではないか?と思った時期もありました。

しかし、当時の私にとって大学で学べることよりバイトの方が経験値も稼げてさらにお金も稼げるので、優先順位としてはバイトの方が高かったです。

管理人ちー
管理人ちー

私の場合建築科だったのでそれ関係の単位は多く取りましたが、それ以外は本当に必要最低限のものしか取りませんでしたね

 

そして、貯めたお金で海外へ行けるだけ行きました。

やはり就職してからではなかなか行けないし、学生だからこそ貧乏旅行も楽しめました。

 

まぁそれでも資金的な問題で行きたいと思っていた国の半分くらいしか行けませんでしたが、やはりこの経験は私にとってはかけがえのないものとなっています。

考え方や、その後の人生にも大きく影響しました。

私を労働者から資本家マインドに変えた出来事②エジプト旅行
私を労働者から資本家マインドに変えた出来事2つ目として、大学生の時に行ったエジプト旅行があります。 私は子供の頃からピラミッドに強烈な憧れがあったので、絶対に行こうと思っていたんですよね。 そんな元々遺跡を見るた...



大学の4年間を有効活用してその後の人生を楽にしよう

ということで、これはあくまで私のやり方ではありますが、大学で真面目にたくさん単位を取るより、必要最低限の単位だけ取ってバイトをし、海外へ行き、友達と遊んだほうがいいですよ(´∀`)

一見学費の無駄とも取れるかもしれませんが、結局はどれだけ学んだかということより収入のいい会社に就職したもん勝ちですからね。

管理人ちー
管理人ちー

そしてそれが一番の親孝行でもある

 

ただ、一番は大卒か高卒かなんて関係なくなる世の中であり、大学の費用も高すぎなのでもっと低くなるべきです。

しかし、現時点で大卒が有利である以上はやはり大卒のカードは手に入れてその後の人生をイージーモードにしたほうが賢いですよね。

さらに4年間で色々なことを体験できるわけですから。

 

まぁそれでも大学へ行くか行かないかは人それぞれの価値観ですので、自分がこれだ!と思った道に進むのがなんだかんだで正解だと思います。

職人への道、起業への道、自宅警備員への道、いろんな選択肢がありますからね♪

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました