管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

「結婚したくない男性の本音3選」が過去の自分の考えと完全に一致していた件

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

さて、以前に書いた記事で結婚したくない男性の本音3選として

  • 自由がなくなる
  • 仕事だけじゃなく家事の負担も背負わされる
  • ATMにされるのが嫌だ

が挙げられていたんですが、これを見た瞬間に

 

管理人ちー
管理人ちー

え、これ以前に私が思っていたことと全く同じだ・・・

と思っちゃったんですよね(笑)

YouTubeの女性ディスり動画を見て女性として思ったこと
最近YouTubeを見ていたらおすすめ動画で出てきて何となく見てみた動画。 それは、パウラちゃんというとても可愛らしい女の子が毒舌でいろいろ意見を言うと言うものだったんですが、その中には女性のことをディスるようなものが多くあり...

 

私は女ですが、私が結婚はしたくないと思っていた理由もこの3つでした。

ってか普通に考えたら、これは女性こそ当てはまる項目が多いと思うんですよね。

 

スポンサーリンク

結婚のデメリット1:自由がなくなる

私は大学を卒業してから就職して働いていましたが、自分の好きなことが仕事にできてそんな生活がすでに充実していたので、正直結婚したいなんて思ったことは1ミリもありませんでした(笑)

管理人ちー
管理人ちー

20代の時なんてみんなそんな感じですよね

 

やっぱり独身って自由ですよね?

自分の稼いだお金は自分の好きなことに自由に使うことができるし、空いた時間も自分のためだけに使うことができます。

 

しかし、結婚すると共有のものは相手の了承がいちいち必要だったり、自分の価値観と違うものにも自分のお金や時間を使わなくてはいけない場面も出てきます。

そういうことを考えると、わざわざ不自由さが増える結婚は嫌だなぁと思っていたんですよね(^_^;)

 

しかし、子供は欲しいと思っていました。

子供のためだったら自由がなくなるのも厭わないと思っていたので、どちらかというと、結婚は子供を授かるために必要なもののひとつという認識でした。

 

結婚のデメリット2:家事の負担も背負わされる

夫婦間の実際の家事の負担割合のついて調べてみると、2017、8年に大和ハウス工業が共働き夫婦を対象に行った調査によると、妻側と夫側で負担割合の認識に違いはあるものの、間をとっても

家事の負担割合は妻7:夫3の家庭が83.7%

という結果となっているようです。

 

このように、たとえ共働きだったとしても家事の負担は女性の方が大きいのが現状なんですよね。

その分お互いの収入に差があるのかもしれませんが、私の周りを見てみても収入に関係なく妻の方が家事の負担が大きい家庭の方が圧倒的に多いです。

 

実際、私の両親は共働きで収入も同等。

それなのに家事は100%母でした。

 

私はそれを見てきて、自分にも収入があるのになぜ母は家事を全てしているのか?と疑問に思っていました。

そして、そんなことになるなら結婚はしたくないなぁと思っちゃったんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

そのため、この家事の負担が増えるというのが男性側の不満としても挙げられているのに正直驚きです・・・

 

結婚のデメリット3:ATMにされるのが嫌だ

これも私の場合は同世代の中では資産も多いほうで年収も男性と同等はあったので、結婚したら夫より総収入が多くなる確率の方が高かったんですよね。

ということは、私の方が収入が多いのに家事は多くしなくてはいけないというアホみたいな状況になることが予想できました(笑)

もうこうなってくると自ら結婚したいなんて思うはずがないですよね??

 

しかし、それでも私は子供は欲しいと思っていたので、そのためには結婚が自分にとってデメリットでも子供を持つためには仕方がないと思っていました。

管理人ちー
管理人ちー

未婚の母になるという選択を本気で考えた時期もあったんですけどね笑

 

しかし、実際問題資産や収入に関しては自分で管理すれば問題ないはずですよね?

そのため、なぜ結婚すると配偶者に全て吸い取られる構図になるのか理解できません。

 

現に私は結婚していますが、お互いの資産も収入も完全に別で管理しているので、どちらかが死なない限りは本人の意思でしか動かせないようになっています。

管理人ちー
管理人ちー

ということで、ATMになるかどうかは本人次第

 

結局好きなったらデメリットなんてどうでもよくなる

こんな感じで、私は結婚によって受けられるメリットはほぼない状態でした。

管理人ちー
管理人ちー

私のように資産も収入もある人は、女性でも男性でも結婚するメリットは薄いですよね

 

しかし、夫に出会ってその考えが吹っ飛んでしまったんですよね(笑)

私はどちらかというと合理主義的な考え方の持ち主だったんですが、夫のことを愛してしまったのでそんなデメリットなんて一瞬でどっかにいっちゃいました。

管理人ちー
管理人ちー

このへんは本当に損得では測れない感情ですよね( ´∀`)

 

そう、結局は色々理屈を並べても、好きになってしまってその人のことを手放したくないと思えばそんなことどうでもよくなるものです。

私の場合夫とは結婚して2年、付き合い始めてからだと8年も一緒にいますが、今でも好きすぎるんですよね。

そして大切すぎます。

 

そのため、夫が働けなくなっても介護が必要になっても好きだし大切なので大事に守っていくと思います。

結局はそういった損得を超えて守りたいと思えるか?ということが全てなのかもしれかせんね!



全てを超えて愛せる相手が見つかれば結婚もいいかも

私は別に結婚を推奨するつもりも否定するつもりもありません。

結婚したからといって幸せになるわけでも不幸になるわけでもなく、結局結婚の有無なんて人生にはさほど関係ないと思うんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

どっちでも本人が幸せであればそれが正解!

結婚していないとヤバいやつ認定されるのは本当にどうにかしてほしい
私にとって「2大納得がいかない他人の勝手な偏見」として 投資をしているとヤバいやつ認定される 結婚をしていないとヤバいやつ認定される の2つがあります。 私自身、この2つには悩まされましたね〜 ...

 

ただ、結婚を打算的に考えている人や、結婚がゴールだと思って妥協してまで結婚を考えていると、たとえ結婚したとしても何かあったときにすぐに破綻してしまうかもしれません。

そのため、私のように損得を度外視しても結婚したい!と思える相手に出会えたら結婚を考えればいいのではないでしょうか?

 

結局は支え合いですからね。

結婚というのはどちらか一方が負担を強いられている状態だと長続きしません。

そのため、本来は男女ともにメリットもデメリットもないのが結婚というものなのかもしれませんよ( ´∀`)

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました