管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

なぜ割高と分かっていながら新築のマンションを選んだ?4つの理由

節税情報
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

さて、以前に賃貸派だった私がなぜ住宅の購入に同意したかという記事を書いたんですが、その続きとしてそしてなぜ事前に新築マンションが割高だと分かっていてそれを選んだか?ということについて書いていきたいと思います。

リスクを負いたくない賃貸派の私が住宅購入に合意した理由
就職してからずっと賃貸住まいだった私。 建築業界で働いてきたにも関わらず、持ち家にも特に憧れはなかったんですよね。 管理人ちー というかむしろ建築業界にいたからこそかもしれません その話はまた...

 

家の購入って人生の一大イベントですからね。

今度家を購入する方の参考に少しでもなれば幸いです(^ ^)/

 

スポンサーリンク

そもそもなぜ戸建てではなくマンションだったのか

これについては、我が家は夫が東京・大阪・名古屋のどこかの都市でこれからも多分定年まで働くことになることが大きく関わっています。

 

こういった大きな都市で通勤時間をドアtoドア1時間以内にしようと思うと、やはり住む場所も都心になるんですよね。

そうなると、戸建ては高すぎる(というかそもそもそんなにない)&眺望が壊滅的になります。

 

私が自宅に求めるものの1番は、「窓の外は開けていて日当たりがいいこと」です。

そのため、戸建ての場合は郊外に行って夫の通勤時間が長くなるしかありません。

それは選択肢としてなかったので、都市部でも眺望が望めるマンション一択となりました(^ ^)

管理人ちー
管理人ちー

ただ、夫婦でリタイアしてからは地方の景色がいいところに戸建てを建てて住みたいよねって話をしています

都会も疲れますからね〜

 

25年以上古いマンションだと住宅ローン控除が使えない&2000年新耐震基準から外れる

ということで、我が家ではまず中古のマンション探しから始まりました。

以前の記事でも書いた通り、新築マンションは割高であると思っていたからです。

 

しかし、前提条件として「築25年以内」というものがありました。

その理由は、そう住宅ローン控除の対象となるからですね( ´∀`)

管理人ちー
管理人ちー

てかこれが使えないんだったらそもそも買いませんからね

それぐらいこれが一番重要な点です

 

また、耐震基準の点においても2000年に施行された新しい基準を満たしたものがベストだったので、さらに築20年以内に絞ることにしました。

また、どちらにしても自分達が好きなように内装はフルリフォームする予定だったので、本体価格がなるべく抑えられるよう築15〜20年くらいがベストだと思っていました。

 

しかし、現実はそう甘くはなかったんですよね・・・。

 

築15〜20年でも2割も落ちていない&理想の広さがない!

このくらいの築年数の中古マンションはあることはあったんですが、やはり都市部のマンションって思ったほど価格が落ちていないんですよね。

予想では3割くらいは落ちているだろうと思っていましたが、現実は2割も落ちていない状況でした・・・。

管理人ちー
管理人ちー

場所によっては逆に値上がりしているところもあるくらいですからね汗

 

ということは、例えば新築価格5000万円の物件が築20年になっても4000万円ちょっとなんですよ。

これにフルリフォーム代を入れると、結局新築とあまり変わらない金額になっちゃいます。

それだったら、わざわざ20年も古くなった物件を買う意味がないですよね?

管理人ちー
管理人ちー

ただ、内装にこだわりがなくそのまま住めるのであればやはり中古マンションが一番買いだと思いますよ!

 

また、広さの問題もありました。

私たちが探していた50〜70㎡の狭いマンションって中古だとほとんどないんですよね。

というのも、ここ数年DINKSやリタイア後の夫婦などを想定した1〜2LDKのマンションが出てきていますが、10年以上前は基本はファミリーを想定したものがほとんど。

そのため、私たちには広すぎるところが多かったです。

 

築10年以内の中古マンションはほとんど金額が落ちていなかった

築15〜20年でもこの状況なので察しがつくと思いますが、築10年以内だとほとんど金額は落ちていない状況でした。

たまに安いなぁと思うと、やはり何かしらの問題があったりするんですよね・・・。

 

このように価格が落ちていなくても内装が気に入らなければ一部リフォームが必要になってしまいます。

それであれば、最初から好きな内装で作れる新築がいいってなっちゃいますよね?

 

ということでそこから新築も見るようになったんですが、やっぱり設備も最初から最新のものが付いているし共有部分も綺麗なので、総合的に考えると新築が一番ということになりました。

 

ただ、これはやはり3大都市に限ったことだと思います。

それ以外の地方都市の場合はもっと値崩れが起きていると思うので、やはり中古の方がお得かもしれません。

管理人ちー
管理人ちー

また、リフォームをどの程度するかでも変わってきますしね( ´∀`)



ただし時期は若干間違えたかも(笑)

ただ、時期だけはよくなかったかも?とちょっと思っています・・・。

というのも、このコロナ禍が長く続く場合地方へ流れる動きが加速するかもしれないからです。

 

実際、現在郊外の戸建て住宅の売れ行きが好調だそうです。

管理人ちー
管理人ちー

私が保有するケイアイスター不動産も決算絶好調でしたからね

ということは、こういった都心部のマンションの値も今後は崩れていくかもしれないということです。

 

ただ、我が家の場合今のところのビジョンとしては住宅ローン控除が終わる10年後には売却しようかと思っているんですよね。

そもそも終の住処として住宅を買ったというよりは、今のお得すぎる住宅ローン控除を使いたいという理由が一番ですから。

管理人ちー
管理人ちー

こんな理由で家を買う人なんているんだろうか!?

 

まぁ実際未来のことは誰にも分からないのでどうなるのか分かりませんが、新築マンションを買ったらどうなるのか?ということについては今後も随時お伝えしていければと思っています。

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

  1. deds より:

    結局どんな立派な思想をもってても結婚したら誰しも家族第一優先にならざるをえないんだよ。

  2. memiko より:

    ちーさんのYouTubeに出会い、サイドFIREについて学び始めた者です!考え方、すごく勉強になります。
    住宅購入の際、頭金などはどうされましたか?我が家も賃貸派だったのですが、2LDK以上の賃貸が勤務地周辺に少なく、子供のことも考え一度は住宅を購入しなくてはならないかもと考えているので参考にさせていただきたいですm(_ _)m
    これからもブログ、YouTube楽しみにしています^^

  3. 山田 より:

    ちーさんのマンションは値崩れしなさそうですよね!リビングからの開放感と明るさがよいです^ ^
    住宅ローン控除の恩恵を受けて住み替え、良いですね〜!

タイトルとURLをコピーしました