「自分は凡人だ」と自覚している人は奨学金を払ってでも大学には行ったほうがいいと思う

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

最近大卒っていう学歴って必要?っていう議論も頻繁に出ますが、確かにその人の能力や魅力には何ら関係ないと思っています。

特に大学はそれまでの教育機関に比べてべらぼうに高い割に、実際大学生の時ってそれに見合うだけの勉強ってしてたっけ?というのが本音です。

 

しかし、私にとっては大学を出たことには大きな意味がありました。

それは大義名分のもと

自分探しができた&人生で一番いろんな種類の人に出会えた

と思っているからです。

 

スポンサーリンク

なぜ大学へ進学しようと思ったか

もし大学へ行かなかったとしたら、選択肢は高卒で就職するかニートになるかですよね?

私は怠け者だったので、高卒で働くなんてことは一ミリも考えていませんでした。

かと言ってニートになるのは流石に恥ずかしいという思いがあったので、そこそこ勉強すれば行けてそこまで恥ずかしくない程度の中堅の大学を受験しました。

 

その頃の私は、本当に何も考えていないアホ丸出しの女子高生でしたね(笑)

大学に行くということは莫大な費用がかかるなんてことも一ミリも頭になく、ただただまだ働きたくないからという理由で大学へ進学した親不孝者です。

管理人ちー
管理人ちー

でもだいたい動機ってみんなこんなもんだよね?

 

大学4年間での成果

まぁそんな不純な動機ではありましたが無事大学へ進学し、自由すぎるキャンパスライフが始まりました。

実際私の大学生活は、最低限の単位を取る以外はバイトか遊ぶかのどちらかだったなぁ。

 

そのため大学で学んだことは正直大してないんですが、時間があるおかげで色々なことに挑戦できました。

例えば、

 

色々なジャンルのバイトをしてみる

海外旅行に行く

車中泊の長期貧乏旅行をする

金持ちの年上男性に囲われてみる

ゲーム廃人になる

 

などなど。

これらのことも大学生だからこそ誰からも非難されずにすることができたと思っています。

 

おいおいそんなこと親に高額な学費を払わせてまですることか?という批判もあるでしょう・・・。

しかし、“大学生”という肩書きだからこそできたこともたくさんあります。

 

大学生というステータスのおかげで出会えた人もたくさんいる

世知辛いお話ですが、生活しているとどうしてもレベルが同じもの同士が集まってしまいますよね?

やはり同じ大学の同級生の家庭環境と高卒で働いている子の周りの家庭環境を比べると、明らかに前者の方が生活レベルが高いです。

 

シンデレラが物語になるように、富裕層と貧困層が混じり合うことは基本的には稀。

そして富裕層は受けてきた教育レベルも高くなるので、富裕層は永遠に富裕層、貧困層は永遠に貧困層という公式が出来上がってしまうんですよね。

悲しいですがこれが現実です。

 

交際する相手も同様で、ステータスの高い男性ほど彼女のブランド=容姿、学歴も重視する傾向にあります。

そんなこと関係ない!

と言いたいところですが、綺麗事言ったところでどんでん返しのドラマはそれこそドラマの中でしか起きません。

 

かくいう私も学歴はそこまで重視していませんが、全く同じ魅力のある人だったら育った環境が安定してそうなので高卒より大卒を選ぶと思います。

このように、まだまだ学歴によって判断される世の中だということですね。



今はネットを通して色んな人と出会えるので大学は必要ないかも?

ただし、これは今までの話であって、今はネットの普及により全く別レベルに住む同士が出会えたりしちゃいますよね。

以前は友達や恋人は学校、職場、もしくは知り合いの紹介などで自分のレベルと同程度の人としか出会えませんでしたが、今はその気になれば超富裕層とも超底辺ともコンタクトを取ることは可能!

 

しかしこの場合、自分自身も相手にとって魅力のある人間じゃないと相手にしてもらえないですよね?

そうなってくると、学歴以外の魅力を持つ必要があります。

こっちの方が難しくね!?と私は思います(笑)

 

ということで、学歴以外に私はこんな魅力がある!という方は、わざわざ大学に行かずにその魅力を武器に今のネット社会を渡って行った方が賢いですよね。

逆に、自分は凡人だ・・・という自覚がある方は、少しでもその後の人生を生きやすくするため大学には行った方がいいかも。

私自身もザ・凡人の自覚があるので、高卒だったら人生もっとハードモードだったんじゃないかなぁと思います。

 

しかし、Fランと呼ばれる偏差値が低すぎるor知名度が低すぎるところはいい出会いがない&逆に馬鹿にされる恐れもあるのでおすすめしません。

逆に頑張ってある程度有名な大学に行けば、例え奨学金を借りることになったとしてもそれだけの価値は受け取ることができると思いますよ(・∀・)

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

  1. より:

    読ませていただきました。
    具体的に大学の授業を受けて自分探しで何が見つかったのか、どこに辿り着いたのかを知りたかったです。多くの人が大学の授業は無駄、落単を取るべきだとブログ、SNS界隈で言われているので。
    あと、出会いに関してですが、ネット上では魅力がないと相手にされないという見方もありますが、今は事業で成功されている方の集会やサークルまたは勉強会目的でオンラインサロンを開いています。相応の対価を払ってマナーを守れば話は聞いてもられると思いますよ。

    • コメントありがとうごいます!

      記事内でも書いていますが、残念ながら大学の授業で得られるものは何もありません。
      それでも高い学費を払ってなぜ大学に行った甲斐があったかと言うと、4年の間に大学内でもその外でもいろんなタイプの人に出会えたことです。
      特にハイクラスの人種には“女子大生”というブランドをフル活用しましたね笑
      そしてそういった人達から投資というものを学べたことは私の人生にとってめちゃくちゃ大きかったです。

      また、オンラインサロンなどでも学べることはたくさんあると思いますが、やはりまだ学歴重視社会です。
      そういったセミナーを受けて成功する人は一握りですよね?
      であれば、大学に行きながらでもそういったセミナーには参加できるわけですから、勉強しながらそれなりの企業に就職するという保険をかけた方が私はいいと思いますよ^_^
      それこそ凡人にはそちらの方が断然安全です。
      ちなみに大卒と高卒では生涯年収に大きな開きがあるので、大学の費用もペイできます。

タイトルとURLをコピーしました