管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

自動車保険の見積もりが出揃った!全7社を比較して最終的に選んだ会社は

節約する
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

さて、先日自動車保険の一括見積もりをした話を書いたんですが、全社から見積もりが到着し、一通り内容を確認できました。

現在手元にあるのは

 

  • ハピタスから申し込んだインズウェブの一括見積もりから届いた5社
  • 現在加入しているアクサダイレクト
  • 別途見積もり依頼した楽天損保の自動車保険

の合計7社です。

管理人ちー
管理人ちー

ではそれぞれ比較してみましょう〜

 

スポンサーリンク

管理人ちーが自動車保険に絶対に付けたい保障内容はこちら

見積もりを見ていく前に、私が絶対に付けたいと思っている保障内容について書いておきたいと思います。

管理人ちー
管理人ちー

これを満たしていないところはそもそも比較対象から外れますからね

 

対人対物賠償は無制限

もうこれは前回も書きましたが、任意の自動車保険に入る一番の理由なので対人も対物も無制限で入りたいと思います。

これに関してはどの会社も基本無制限は選べるみたいです。

無保険車障害保険

もし事故を起こした相手が保険に入っていなかった場合にこちらの保険を使えるというものです。

いろいろなサイトを見ましたが、これはつけておいた方がよさそうなのでついている保険会社を選びたいと思います。

弁護士費用特約

こちらも付けたい方がいい!という人が多かったので付けたいですね。

事故の時にプロに丸投げできるのはかなりありがたいと思います。

 

この3つ以外につけた条件としては、

  • 車両保険500万円(限定タイプ)
  • 搭乗者障害1000万円
  • 人身障害3000万円

という感じにしました。

これで見積もり依頼したら、一体いくらになるんでしょうか!?

 

一括見積もりで届いた保険会社はこちら

まず一括見積もりで届いた保険会社5社は以下の通り。

  • ソニー損保
  • 三井ダイレクト損保
  • セゾン自動車火災保険
  • イーデザイン損保
  • SBI損保

 

大手の名前は聞いたことがあるところばかりですね。

そして金額はというと、単純に届いた見積もり金額で見てみると

最高値約89,000円

最安値約42,000円

という結果になりました。

 

ただ、結局保障内容は全く一緒ではないので、高いものはその分保障額が他社より高いという感じです。

そのため正直比較が難しいんですよね(^_^;)

管理人ちー
管理人ちー

同じ内容で見積もり依頼を出しているわけだからなるべく同じ内容で出して欲しかったんですけどね・・・

 

中にはご依頼のプラン、節約プラン、充実プランと律儀に3パターン出してくれているところもありました。

そんな中で、実際各社の見積もりを色々見てみて分かったことですが、保障内容がほぼ一緒であれば大体保険金額も似たり寄ったりで、残念ながら極端にお得な保険会社はなさそうということです。

 

通販型であればほぼ金額はどんぐりの背比べ

夫が言っていたように、ディーラーで紹介されたところや担当者から入るような代理店型保険は基本的に高く、ダイレクト系とも呼ばれるネット上で申し込みをするタイプの通販型保険の場合はどこもそれなりにお得なようです。

今回見積もりをした7社は全て通販型なので、ほぼ保証内容を合わせると差額は最大でも5,000円くらいでした。

管理人ちー
管理人ちー

しかし、現在代理店型保険がシェアの8割以上を占めているらしいですよ!

皆さんちゃんと見直をしましょう・・・

 

そのため、決め手となるのは

安心を優先してネームバリューで選ぶか

価格優先で最安値を選ぶか

その他付加価値で選ぶか

の3択になってくるかなぁと思っています。

 

ネームバリューという点では今回はどこも大手なので、どこでも問題ないかなぁという感じ。

ちなみに通販型のシェアでいうと、1位はソニー損保、2位はアクサダイレクトでした。

 

そして最安値という点ですが、保障内容が全く同じとは言えないんですが一応私が見た感じではSBI損保が一番安そうですね。

そして付加価値という点ではやはり楽天損保

楽天ポイントが貯まるし使えるというのは大きなメリットと言えますね。

管理人ちー
管理人ちー

そうなってくると・・・

最安値のSBI損保か付加価値のある楽天損保になってくるかなぁ

 

私が出した答えは多分最安値のSBI損保!

ということで、最終的に候補として残ったのはSBI損保と楽天損保です。

この2つのどちらにするか迷いに迷いましたが、結果的にはSBI損保の方を選びました!

 

理由としては、やはりポイント云々より内容を比較して全く一緒であればやはり安さを優先させた方がいいという結論に至ったからです。

楽天損保もそれなりに安かったですが、それ以上にSBIは安かったですね。

それぞれのマイページで見積もり内容をほぼ同じに揃えてみましたが、結果的にはSBIの方が5,000円ほど安かったです。

 

そして、元々更新予定だったアクサからは内容の見直しも含めて1万円以上安くなりましたよ!

管理人ちー
管理人ちー

やっぱりちゃんと見直してみてよかった〜

 

ただし、選ぶ保証内容によっては必ずしもSBI損保が最安になるとは限らないので、自分で数社見積もりをとってみてくださいね( ´∀`)

ちなみに、早速ハピタスの特典であるハーゲンダッツの電子ギフトのメールも届きましたよ!

管理人ちー
管理人ちー

こんなに早く届くと思っていなかったのでびっくり

 

近くのローソンに行ってこのメールを見せれば、ハーゲンダッツのカップを2つもらえるみたいです。

ハーゲンダッツは庶民にはそうそう食べられるものではないので、今から楽しみすぎる・・・。

自動車保険の更新のお知らせキター!!今年はちゃんと見直すぞ
忘れた頃にやってくるもの。 管理人ちー それは自動車保険の更新のお知らせ!! つい最近更新したばかりの気がしますが、また今年も保険料を納めなくてはいけないようです。 更新のお知...



今回一番驚いたことは代理店型保険のシェアの高さ(笑)

いかがでしたでしょうか?

ってか今回は通販型自動車保険の中で比較をしたんですが、それ以前に割高な代理店型自動車保険のシェアが高すぎて衝撃を受たんですよね(笑)

平成29年のデータで全体の84.8%を代理店型が占めているんですよ!?

管理人ちー
管理人ちー

割安な通販型はたったの15%程度・・・

これどういうこと??

 

やっぱり保険ってよく分からないので、担当者に言われるがまま入るという人が多いということでしょうか。

しかし自分でそれなりに勉強して情報強者になっていかないと、気が付かないうちに大きな金額を失いかねません。

 

自動車保険だけでなく、保険って人生の4大支出に数えられるほど大きな出費をする部分です。

それなのに、なぜか無頓着な人が多いのが保険なんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

これはいかん!!

とりあえず今すぐ自動車保険は見直してください!

選ぶのは通販型一択ですよ

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました