管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

貧乏になりたくなければ労働者マインドから資本家マインドに移行せよ!

資産を作る意味
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

私がこのブログで伝えたいことは、資産を作って人生の選択肢を増やしてほしいということです。

私が資産を作る理由は”人生の選択肢を増やすため”
こんにちは! シンプリストのちーです。 最近、ある方のブログでセミリタイアについての記述がありました。 その方はすでにセミリタイア生活に入っており、あるブログでセミリタイアしても暇なんじゃないかという意見に反論され...

 

資産を作ったからといって必ずリタイアしなくてはいけないわけではないし、もっと働いてもっと資産を積み上げるもよし、子供をたくさん産んで育てるもよし、海外に移住するのもよしです。

このように、資産さえあればやりたいと思ったことができるということが資産を作る最大の理由なんですよね。

 

そして、私のように30代という若さでまとまった資産を作るためには、まず今の資本主義社会というものを理解しなくてはいけません。

そして、労働者マインドから資本家マインドに移行することです。

管理人ちー
管理人ちー

これができれば一生働いても苦しい老後になるのか、最低限の労働で豊かに暮らせるのか変わってきますよ(^ ^)

 

スポンサーリンク

資本主義の社会で生きていくということはどういうことか再度理解しよう

まず資本主義の原則として、生活をしていくためには

資本=金融資産、資源、不動産など

もしくは

労働=自分自身の労働力

のどちらかを提供しなくてはいけません。

 

普通の人は最初から資本を持っているわけではないので、自分自身の労働力を提供して生活していきますよね?

そして、そこである程度成功して資本を手に入れると、その資本を使ってさらに資産を大きくしていくことでお金持ちになっていきます。

 

ただ、普通の人は自分の労働力を提供するだけでなかなか資本を作ることができません。

そのため、資本が資本を産むという状況を体験するところまで辿り着けないんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

そう、経験していないから“知らない”だけなんです

 

管理人ちーも労働力の提供から資本の提供へ

私ももちろん資産家の家に生まれたわけではないので、最初は自分の労働力を提供して普通に生活していました。

しかし、私の場合は運よく“株”というものを知り、それを始めたことで自分の労働の対価としてもらった小さな資本を、ちょっとずつ大きく育てることができたんですよね。

 

そして自分の持つ資産が大きくなっていくと、その力にびっくりさせられました。

管理人ちー
管理人ちー

私の場合は資産が1000万円を超えたあたりでお金がお金を生むということを実体験として感じるようになり、3000万円を超えたあたりから自分の分身くらいに頼りになる存在だなぁと思うようになりましたね

今諦めないで!資産を作るということは自分の分身を作るということ
私がこのようにブログで資産形成の情報を発信している一番の理由は、一人でも多くの人に「資産=自分の分身」という感覚を味わって欲しいからです。 自分でもすごくびっくりした感覚だったんですが、3000万円を超えたあたりからた...

 

正直、普通の人の持つ労働力って限られています。

実際に労働力の提供だけでは生活していくことで精一杯ですよね?

 

しかし、資本というものはその大きさに比例してどんどん力が大きくなっていきます。

特に私のように元から贅沢に興味がないタイプは、小さな資産でも十分生活できるようになっちゃうんですよね。

そのため、私は今一旦自分の労働力の提供はやめて、代わりに自分で育てた資本を提供しながら生活しているわけです。

 

有限の労働力より無限の資本力を高める方が効率的

上記でも書いたとおり、凡人が持っている労働力って限界があるんですよね。

サラリーマンが生涯で得るお金は2〜3億円(女性の場合は1〜2億円)と言われていますが、現役世代の時間を全て提供した対価でこのくらい。

管理人ちー
管理人ちー

特別なスキルを持っている人はもっと多く稼ぐことができるかもしれませんが、普通の人はやはりこのくらいが限界ですよね

 

しかし、この程度のお金では子供を育てて老後の資金に使ったらすっからかんになってしまいますよね?

そのため、もっと余裕を持った生活をしたり、やりたいことをやるためには資産を作って資産にも働いてもらうことが重要です。

 

また、資産というのは労働のように限界がありません。

運用して大きくしようと思えばいくらにだって大きくすることができます。

その代わり逆に小さくなることもあるのが資産運用ですが。

 

ただし、長期で見た場合株価は過去のデータを見てもずっと右肩上がりで推移しているのが歴史上の真実です。

そのため、最初は値が動く株や投資信託などに自分の大切な貯金を変えることに抵抗があるかもしれませんが、20年30年という長いスパンで見れば増える確率の方がよっぽど高いですよ!

管理人ちー
管理人ちー

そこは頑張って最初の一歩を踏み出そう(^ ^)/

資産3000万円を35歳から100歳まで運用し続けるとどうなるのか?
どうも! 絶賛セミリタイア生活中のちーです。 現在私は資産3000万円でセミリタイアという一般的に言うと割と危うい橋を渡っているところなんですが、私のセミリタイアの定義のひとつに「100歳まで実現可能なプランとする」とい...
一番簡単で失敗しにくい投資方法はやっぱりこれ!楽天カードで積立が最強
私は20歳から投資を始め一応もう15年近くの経験があるわけですが、セミリタイアした2019年からは基本ETFと投資信託の積立しかしていません。 ぶっちゃけこれが一番簡単で一番失敗しにくいんですよね(笑) 今まで何してきた...



まずは労働で資本を作ってそれを育てていこう

とはいえ、もちろん最初はゼロからのスタートなので誰でも最初は労働は必須です。

そのため、最初は楽をするという考えは捨てて人より多く稼ぐことを目指しましょう!

 

そして同時に得た資本をなるべく減らさないことも重要。

ちなみに私の労働期間中のスローガンは以下(笑)↓

社会人時代の私のスローガンは「人の倍稼いで人の半分のコストで暮らす」
私は10年ちょっとの期間、正社員という立場で会社で働いていました。 私は自他共に認める超凡人で、ごくごく一般的な企業に就職したので残念ながら高給取りではありませんでした。 20代の頃の年収は平均300万円代、退職間際にや...

 

これを実践できれば、たとえ凡人であっても30代で3000万円までは十分に実現可能だと私は思っています。

管理人ちー
管理人ちー

現に私自身が達成してますからね( ´∀`)

誰でも実現可能な30代で3000万円の資産を作るための資産推移表
30代のうちに頑張って資産を作ることのメリットはたくさんありますので、多少苦労してでも30代のうちに3000万円を達成するべきだと私は考えています。そして、私は実際にこれに成功していますので、どのように30代で3000万円の資産を作るのか、私の実績をもとに資産の推移表を作成してみました。ぜひ参考にしてみてください(^^)/

 

このように、ある程度までいくと自分の労働力を提供する必要がなくなるレベルに到達します。

しかし、まだまだ労働だけがお金を得る唯一の方法だと思っている人も多いですよね?

そのため、こういった資本家側の世界もあるということを知って欲しいなと思っています。

管理人ちー
管理人ちー

ぜひ皆さんも私のように実際にまとまった資産を作って“資本の力”というものを実感してみてください!

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました(^ ^)/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました