管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

リスクを負いたくない賃貸派の私が住宅購入に合意した理由

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

就職してからずっと賃貸住まいだった私。

建築業界で働いてきたにも関わらず、持ち家にも特に憧れはなかったんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

というかむしろ建築業界にいたからこそかもしれません

その話はまた今度・・・

 

結婚してからも夫には転勤もあるしずっと賃貸がいいや〜と思っていた私ですが、数年前たまたまある分譲マンションのギャラリーで呼び込みをしていたため、ちょっと興味本位で話を聞いてみました。

そこで色々な話を聞く中で、マンションの内装とか設備とかではなく一番私が食いついたのは住宅ローンのことだったんですよね。

 

そこからトントン拍子でいつの間にか今家を購入して住んでいるといった感じなんですが、なぜそうなったのか?

そのあたりについて今回は書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

住宅の購入はハイリスク・ハイリターン

まず私の住宅に対する考え方についてなんですが、私の場合

賃貸→ローリスク・ローリターン

購入→ハイリスク・ハイリターン

と思っています。

 

というのも、賃貸は人から借りる分ローンを背負わなくていいしその住宅に起きた問題についても責任がない分、購入よりは割高な金額で借りることになります。

逆に購入の場合はローンを背負ってその物件の責任も全て負う代わりに、借りるよりは最終の負担額は少なくて済むし場合によっては利益を出すこともできます。

 

不動産投資というものがビジネスとして成り立つことを考えると、いい物件を買うことができれば購入の方が圧倒的にお得ということは分かります。

しかし、その“いい物件を買う”ということがめちゃくちゃ難しいんですよね。

 

これができないと逆に巨額の損を抱えることにもなりかねないため、やはりハイリスクなのが不動産です。

そのためすでに株式というリスク資産を持っている私は、不動産までリスクを抱えなくてもいいやという考えだったので賃貸派でした。

 

私の場合不動産は面倒そうだったので賃貸派だった

不動産投資も一時ちょっと勉強したんですが、1000:100:10:3:1の法則(1000件の物件を見てそのうち100件の物件を見学し、そのうち10件に買付申込書を出し、3件に融資の手配をして、最終的に1軒が買える)というものがあるように物件探しはとにかく時間がかかります。

また、フットワークが軽くないとなかなかできない仕事なので、引きこもりの私には向いていないと判断して不動産投資はやらないことにしたんですよね(笑)

 

また、不動産は株と比べると実務が多いのも特徴です。

そのため、不労所得と呼べるほど簡単そうではないなとも思いました。

管理人ちー
管理人ちー

不動産投資と言っても実態は大家業ですね

 

そんな私なのでもちろん自宅も特に購入は考えていなかったんですが、投資として借りるローンと違って自分が住む前提で借りる住宅ローンは金利が激安であることを知ってしまったのです・・・。

今や住宅ローンの金利は0.5%を切っています。

そしてさらに、住宅ローン控除で1%金利分が戻ってくるって!?

管理人ちー
管理人ちー

えっどういうこと??

 

お得すぎておかしくなっている現在の住宅ローン

ってかこの制度やっぱりおかしいということで、2021年度から見直されるようです。

だって、住宅ローンを借りると最初の10年〜13年は金利が0円どころか+0.5%くらい戻ってきちゃう状態ですからね。

 

私もこの話を営業の人から聞いた時には本当にびっくりしました。

そして、家が欲しいというより

管理人ちー
管理人ちー

住宅ローン組みたいなぁ

と思ったというのがホントのところです。

 

ということで、我が家の場合は当初

夫→30代のうちに住宅ローンを組んで家を購入しておきたい

妻(管理人ちー)→購入はリスクが高いからわざわざ買う必要はない

 

とお互い考え方が違っていたので家の購入の話は進まなかったんですが、住宅ローンのことがあって私も購入に前向きになったことで、一気に話が動き出したという感じですね(^ ^)



なぜ割高な新築マンションを選んだのかはまた後日・・・

そこから我が家も前向きに家を探し始めたんですが、元々不動産の勉強をしていたので新築は戸建てであってもマンションであっても一番割高であるということは知っていました。

そのため、当初は中古で探していたんですよね。

 

しかし、結果的には新築を選んでおります。

これには色々な理由があるので、また別記事にまとめたいと思っています。

 

また、私の場合住宅ローンを組みたいという理由以外に、やはり不動産を実際に保有したらどうなるのかという実験のために購入したという側面も大きいんですよね。

何言ってんだ?と思うかもしれませんが、私の場合一度の人生なので色々経験したいと思っている派です。

そのため、世の中で損だと言われていることも本当にそうなのか?自分でやってみないと気が済まないタチです。

 

ということで、このブログのネタにもなるなぁということで数千万円の買い物をしてみたと言っても過言ではないので、これからもこの不動産が我が家にとって負債となるのか資産となるのか、発信していきたいと思っています!

管理人ちー
管理人ちー

ただ、今は家族の憩いの場として自宅の快適さも重要だなぁと実感しております

そのため、自宅というのは損得で測れない部分も大きいですね(^ ^)

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

  1. 山田 より:

    前回ご返信ありがとうございました!ちーさんご夫婦のマンションなら再度転勤になってもすぐ買い手がつきそうですし貸し出しても良さそうですね^ ^ 開放感のあるリビングとベランダ羨ましいです♪

    ほんと、快適さなど人それぞれですし不動産購入は負債だと一括りにできませんね。

    我が家は年末調整で全額還付される上に住民税も少し控除されるので、固定資産税支払いと今後の修繕費等の備えにしています。

  2. Tochi より:

    たまたまちーさんの件が取り上げられているlivedoorブログを拝見しました!凄い!
    どういう経過でリタイアされたのかわかって面白かったです。

    ただ、、、老害的な見地からするとどーーしても気になった事が。
    いや勿論表現の自由ですし、不快でしたら無視&消去してくれて全然いいのですが、

    「コレって普通の専業主婦と何か違うのでしょうか?」

    家庭内での金銭の取り扱いや気持ちの問題としては確かに違いがあるのかも知れませんが、少なくとも法的には婚姻後の稼ぎは共有財産なので社会からにせよ、夫からにせよ経済的自立をしているというのはいささか無理がある様に思えたもので・・

    by 昨今のFIREブームに炙り出されてしまう危機感を覚え始めた老害専業「主夫」のTochiより

    • 私はサイドFIRE、セミリタイアなのでそもそも完全な経済的自立はまだ果たせていませんよ(´∀`)

      私の定義では、自分の資産で自分に必要な生活費を賄うことを経済的自立としています。
      そのため、まだサイドFIREである今残りの半分は外で雇われようが夫に面倒見てもらおうがサイドFIREという概念に変わりはありません。

      Tochiさんの中で、自分が生活する上で必要な費用を外で稼ぐということが経済的自立と定義しているということですよね?
      そうであれば、結婚する前フルタイムで働いていた時の私が完全に経済的自立をしている状態で、今は半分なのでやはりサイドFIREかと。

      まぁ現在は半分の部分も普通に自分の労働で賄えているので上記の定義上も経済的自立は果たしているんですが、家事労働は無償という風潮が嫌なので批判されようとわざわざ家事代と謳うようにしています。
      ってか普通に共働き、生活費完全折半なのに家事は100%自分っていうのは流石に納得いきませんよ・・・。
      家事をやる分生活費を5万円多く負担してもらっているにすぎません。

      このブログでも何度も言っていますが、専業主婦とは夫の給料のみで完全に養ってもらうことのできる最高峰の勝ち組です。
      私の場合、自分の資産収入を一切使わずに夫の給料だけでやりくりできれば専業主婦ですが、夫は浪費家だし私は主婦としてのスキルが低いので無理ですね。

  3. エス より:

    なるほど、世の中では、外で働くことで得る金銭でなくては認められにくいってことですね。

    過去に自分の得た収入から、金銭を得る方法は現時点では市民権を得てないようですね。

    私はちーさんの考え方は新しい言い方で一旦は物議を醸すかもしれないけど、スタンダードにもなりえるなと思いました。

    共働きだって、数十年前までは、保育園に預けてまで可哀想とかあったけど、今は専業主婦が叩かれるようになったし。

    確かに、家事労働がただと言われると変ですよね。

    例えばうちは保育園に預けて病児保育のシッター使って、月に10万かけてたけど、同僚は祖母に預けてるから無料とか。。

    根底には愛情があればこそだし、お金の問題だけじゃないけど、家族のそういった行為、そこに言及することがあってもいいんじゃないですかね?

    時間がなくていまいち上手く纏まりませんでしたが、ちーさんの意見は参考になります。
    応援してます。

    • まぁやっぱりまだそうですよね〜( ´∀`)
      時代によって自分のやっていることがよしとされないこともありますが、自分たちが幸せだったらそれが一番いい選択肢かなと思います。

      いつもありがとうございます♪

  4. エス より:

    そういえばちーさん、最近うちも家を買ったのですが、↑の方が結婚後に稼いだお金は夫婦の共有財産とおっしゃってるじゃないですか。

    それを踏まえて、今回家を買うときえっ??って思ったのが、購入して例えば労働収入のない妻と働いてる夫が夫婦半々の共同名義にするとするじゃないですか。

    そしたら、税務署から、奥様働いてないのに半分も住宅ローン払えませんよね?旦那さんからの贈与ですね?ってなるらしいんですよ。

    私、これ聞いて、えっ?専業主婦は家持てないってこと?って思いました。

    この矛盾。。どう思われますか?

    • あくまで私の場合はですが、家は特に資産とは思っていないので持ち分はゼロがいいなと思っています( ´∀`)
      万が一お別れすることになってもややこしくないですしね笑

      ただ、私やエスさんのように自分の資産がある場合はいいですが、普通の専業主婦の場合はちょっとかわいそうですよね・・・
      そういった時に家事育児は金銭的な対価として認められないと痛感するので、資産がない場合はやはり自分でお金を稼いで家事育児は折半するというのが今の時点では正解かなと思います。

      • エス より:

        ちーさん、忙しい所ご返信ありがとうございます。

        あのあとよく調べたら、夫名義の住居でも、離婚時などに妻の住む権利は共有財産として認められているらしいですね。

        うちは私が頭金として出した分を共有名義として提出しましたが。。

        おっしゃるとおり、まずは自分の努力で資産をしっかり作らないと、後々自分が困ることになるんでしょうね。

        見解を聞かせて頂いてありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました