管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

過去の経験から家のクオリティを下げすぎるのはダメだと学んだ

不動産について
スポンサーリンク
この記事を書いた人

アラサーで会社員を卒業しゆるく生きているちーです!現在サイドFIRE3年目。
私の人生のモットーは「楽に楽しく生きる」
当ブログではそんな人生を叶えるために私が実践してきた「ミニマルライフ×複業×資産運用」について発信中♪

その他YouTubeチャンネル「ちーのはんぶん自由な日々」の運営、ダイヤモンド・ザイ、トウシル、CLASSY、AERAなどメディアにも多数掲載実績あり。

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする
YouTubeやってます!チャンネル登録よろしくお願いいたします♪

 

私は今までに6回引越しをしていますが、その中で学んだのがタイトルにもある通り

家のクオリティを下げすぎると幸福度が低下する

ということです。

 

ただし、これはあくまで“私”の場合ですけどね。

人によってはどうでもいいかもしれません。

しかし、衣食住というのはやはり人間の営みの中では幸福度を左右する内容だと思っています(^ ^)

 

スポンサーリンク

必要なクオリティは人それぞれ

また、クオリティとは言ってもその条件は人それぞれ。

だだっ広い豪邸に住みたいという人もいれば、コンパクトな家の方が落ち着くという人もいますよね?

 

そして都会がいいという人もいれば田舎がいいという人もいる。

また、新築で最新の機能が備わった家がいいという人もいれば、古民家などあえて古いを楽しみたいという人もいます。

 

このように、お金がかかっている=クオリティが高いというわけでもないんですよね。

その人が求める条件を満たした家がその人にとってクオリティの高い家ということになります。

 

私がダメだった自宅の条件

古い家

これは私の実家のトラウマからですが、今でも綺麗な家への憧れがすごく強いので古民家とかにはあまり興味がありません。

また、古いと断熱性や防音性、設備も最新の家と比べるとかなり劣るので、年中適温で快適に過ごすということを考えると、やはりある程度新しい家でないとかなり難しいかなと思います。

私の唯一のコンプレックスは実家がボロ屋すぎたこと
私は基本贅沢はそんなに好きではなく、今の低コストな生活で十分満足できる毎日を送っています。 しかし、20代の頃から唯一譲れないのが住まいのクオリティなんですよね。 ただ、広さとか設備の充実とかはどうでもよくて、と...

 

暗い家

これは前に住んでいた家のことですね(^_^;)

立地上窓から光が入りにくい上に内装も暗めだったので、昼間家にいるとなんか気分が滅入る感じがしたんですよね。

突然ですが・・・またまた引っ越しをすることになりました
今の家には1年半ほど前に引っ越したばかりなんですが、またまた引越しをすることになりました。 理由としては、とにかく今の家の暗さと内装が気に入らないのがずっと気になってまして・・・。 まぁそんな理由で新たなお家に引...

今は家にいる時間も長いので、この昼間でもなんか暗いというのは本当に私にとっては耐え難いことでした。

 

緑がない家

私自身地方出身だからかもしれませんが、緑がないと落ち着きません。

大人になってからは東京、大阪、名古屋と大都市にしか住んでいませんが、それでもやはり緑が欲しいので家にいっぱい観葉植物を置いている状況です。

管理人ちー
管理人ちー

ほんとは窓の外はコンクリではなく緑がいっぱい見えるのが理想・・・

 

狭すぎる家

狭いに関しては私は最小4畳の部屋に住んだことがありますが、意外と快適でした(私が小柄であることも関係しているかもしれませんが)

アラサーにして5回引っ越した経験上一人暮らしの部屋は◯◯畳あれば十分
一人暮らしの皆さん、今どのくらいの広さの部屋に住んでいますか? 私は今まで5回引越しをしていて、アラサーにして実家も入れると既に6つの部屋に住んだことになります。 その中で、一番狭い部屋が4畳の部屋でした。 ...

しかし、その頃はほとんど家にいなかったからかなぁと今では思うんですよね。

今のようにほぼ家にいるような状況で4畳だと本気で刑務所感半端ないと思います(笑)



セミリタイアしてからはより自宅のクオリティが重要に

私自身、別に豪邸に住みたいとかそういう願望はありません。

というか逆に広すぎると落ち着かないし掃除が大変だから嫌だなとか思っちゃいます。

 

しかし、上記のように古い、暗い、緑がない、極端に狭いというのは私にとっては居心地がよくないということが経験上分かったので、これからもそういう条件のところには住まないようにしたいなと思っています。

 

特に、私のようにほぼ家にいるセミリタイア者にとって自宅のクオリティは重要。

そのため、過度にお金をかける必要はありませんが、セミリタイアを成立させるために自分にとって必要なクオリティを諦めるのはほんとおすすめしません。

管理人ちー
管理人ちー

私の場合もっと地方の緑が豊かなところに引っ越せたらほんと完璧なんですけどね〜

今は夫の仕事上無理ですが・・・

 

ブログ村参加してます(^ ^)

下記をクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました