養われない主婦に、私はなる!

アーリーリタイア
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!アラサーで3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれることです。
当ブログでは、そのために私が実践しているシンプルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

こんにちは!

シンプリストのちーです。

 

世の中まだまだ専業主婦という肩書きの方は多いと思いますが、私自身も正社員の職を辞め一時無職となるので、世間的には専業主婦ということになりますね。

しかし、私は今のところ養ってもらう予定はありません(笑)

 

夫の収入の問題ももちろんありますが、夫に依存した生活は危険だと思っています。

今時、「誰のおかげでメシ食えてると思ってんだ!」とか言うモラハラ夫はそうそういないとは思いますが、やっぱり経済的にもですが精神的にも相手と対等な立場でいたいですよね。

ということで、私は養われない主婦を目指そうと思います!

 

スポンサーリンク

結婚後の私単体の生活費はどのくらいかかるか?

結婚したら家計は一つになるわけですが、私単体であればいくらくらいで生活できるのかまず算出してみたいと思います。

まず以前に作成した二人暮らしの生活費予算がこちらです↓

 

 

上記の費用から私の分のみ抜き取ると以下のようになります。

家賃、駐車場、光熱費(夫と折半)→67,945円

通信費(私のみ)→2,700円

保険料(私のみ)→0円

食費(私のみ)→20,000円

被服費(私のみ)→5,000円

その他生活費(私のみ)→8,000円

ローン返済(私のみ)→0円

合計→103,645円

 

私単体であれば11万円あれば生活できそうですね!

っていうか、残り21万円が夫の分ということは夫のコスト高すぎなんですけど(笑)

夫小遣い+保険+ローンでちょうど10万円なので仕方がないんですけどね。

 

私の今後の収入について

次に今後の私の収入についてですが、私は今月12月末日をもって会社を退職しますので、1月からは定期的な収入がなくなります。

しかしその代わりに、失業保険の給付が始まります。

 

私の場合、120日分出るみたいなので金額としては結構な額になりそうですが、2018年分の住民税?(曖昧ですみません)を2019年に払わなくてはいけななかったり、その他国民年金、健康保険、引越し関連の費用で多分ほとんどが飛んでいきそうなんですよね・・・。

そのため、失業保険は生活費には充てられなさそうです。

 

そして失業保険の給付中に職探しをして、ちょうど終わる頃に扶養内で働き始める予定なので、月収はだいたい8万円くらいにするつもりです。

またこのブログでの広告収入もあるにはあるんですが、今だにサーバー代などの実費を差し引くとほぼゼロになってしまうくらいのレベルから抜け出せていません(笑)

いやー月に1万円でも稼げている人が羨ましい(^_^;)

こんな感じなので、収入としてはカウントできない状況でございます。

 

ということで、今後の私の労働収入は基本8万円程度となりそうです。

ということは、私に必要な生活費は11万円なので3万円足りませんね。

しかし、ここで忘れはいけないのが”家事の報酬”です!

 

家事の報酬はいくら?無理やり算出してみた

私が仕事を辞めてからは、一応家事は私が全て担当する予定です。

この家事は労働として評価されない傾向にありますが、私は立派な労働だと思っていますのでちゃんとその価値をここで確かめておきたいと思います。

 

数年前に話題になった「逃げ恥」では、みくりは家事の報酬として月に194,000円を得ていましたが、子供がいるわけでもないのにこれは高すぎだろ・・・と正直思っちゃいました。

しかし、他のサイトでも年収は300万円程度と算出しているところが多かったんですよね。

まぁ全ての家事をプロ並みに完璧にこなす方であればこのくらいの価値があっってもいいかもしれませんが。

 

私の場合は、長い一人暮らしの中で手を抜けるところは徹底的に抜くスキルを身につけているため、せいぜい家事は1日3時間もあれば完了してしまいます。

ということは、シンプルに時給1,000円で換算してみると

時給1,000円×1日3時間×30日間=90,000円

主婦は土日も家事をするため、30日分となると月に90,000円になりました。

私のズボラ家事でも結構な金額になりますね!

 

しかし、厳密に言うと自分も住んでいる家の家事をするので、家事代はその半額で計算するのが筋ですよね。

ということで、夫の分の家事を代行しているという考えで半額の45,000円が私の報酬分と考えられます。

 

私単体の収支は15,000円のプラスになるぞ!

ここで私の収入と支出を整理すると以下のようになります。

月の収入

パート等労働による収入 80,000円

夫分の家事代行による収入 45,000円

合計 125,000円

 

月の支出

合計 110,000円

 

月の収支

プラス15,000円

 

おお!プラス収支ということは夫に自分の生活費分を負担してもらっていないので、養ってもらってないということですよね!

実際には結婚してからの収入は共有財産になるのでプラス・マイナスは関係ないんですが、経済的に自立できていることは気持ち的に楽です。

 

しかも私は既に十分な資産を築いているので、将来的にも夫のお金に頼ることもなさそうです。

逆に私の資産が順調に増加していき、60歳の時点で1億円近くまでいっていれば夫はその恩恵を受けるでしょうね。

そう思うと、私の夫は良き妻をめとったのではないでしょうか(笑)

 

まとめ

さて、今回は私のようなパート主婦になったとしても養われているわけではないんだということを証明したくて書きました。

専業主婦の妻のことをちょっと下に見ている夫って結構いるような気がしますが、実際には意外と養えていないと思うんですよね。

もし子育てをしているのであれば、その労働力はハンパないと思います。

 

とはいえ、もちろんフルタイムで外で働くことの大変さも身をもって感じていますし、また扶養に入れてもらえることのありがたさも忘れてはいけません。

やはりお互いにお互いのことを認め、感謝し合うことが大切ですよね。

 

以上、

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました