[保有株]ワールド・リート・オープンが2月よりまたもや減配!

保有株情報
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

皆さん毎月分配型の投資信託はお持ちでしょうか?

毎月分配型とは、毎月分配金が入金される投資信託ですね。

 

私も現在2種類保有しており、毎月一定額が入金されるんですが、先月その入金額が減っていたんです!

まさか・・・と思い調べてみると、そのうちのひとつが案の定、減配されていました。

その商品とは、ワールド・リート・オープン(毎月分配型)です。

スポンサーリンク

ワールド・リート・オープン(毎月分配型)とはどんな商品?

私が今持っている銘柄の中では、けっこうな古株の投資信託なんですよね。

どういった商品かと言うと、その名の通り、主要投資対象が世界各国(ワールド)の上場不動産投資信託(リート)である商品です。

 

ちなみに、オープンとはいつでも購入・換金ができ、基本的に信託期間が定められていない投資信託という意味だそうです(初めて知った笑)

こちらの商品は毎月分配型ですので、毎月10日に基準額に対して50円の分配金が出ていましたが、先月の2月から35円に減配されてしまったんですよ(*_*)

 

今、ワールド・リート系の投資信託は軒並み不調です。

原因は、世界的な長期金利上昇が背景にあるようです。

不動産は一般的に借り入れによって資金を調達して取得しますので、まあそうなりますよね。

この影響で、基準額もダダ下がりの上、減配という惨事に見舞われています・・・。

 

基準額と分配金の推移

さて、こんな惨事真っ只中のワールド・リート・オープン(毎月分配型)ですが、ここ数年の値動きを見てみたいと思います。

 

ワールド・リート・オープン(毎月分配型)設定来のチャート

出典:楽天証券

(ブルーの線が基準価格、オレンジの線が基準価格+分配金)

 

設定日は2004年ですので14年経っているわけですが、最初の基準額10,000円から現在2,300円あたりまで下落しています。

しかし、分配金込みで計算すると、約2倍の価値になっているんですよね。

分配金込みでのチャートを見てみると、2007年から2009年あたりまで下落傾向、その後は右肩上がりですが、2015年あたりからヨコヨコの推移となっています。

 

次に分配金の推移を調べてみました。

最初の基準額10,000円に対して、分配金は40円となっていました。

その後分配金は徐々に上がっていき、2008年のリーマンショック前には最高値の100円になりましたが、リーマンショックのタイミングで一気に75円に下がり、その後は逆に下がり続けます。

 

丁度1年前の2月に70円から50円に減配してショックだったのを覚えています。

と思ったら、また今年の2月にさらに35円まで減配・・・。

この35円は設定来一番少ない金額です。

 

とりあえずは今後もホールドしていきたいと思います

こんな感じで、どんどん分配金が下がっているわけですが、私が購入したのは2010年~2013年の比較的安値の時だったので、一応トータルではプラスとなっています。

とはいえ、ここ数年特別分配状態が続いています。

 

特別分配とはいわゆるタコ足分配で、投資した金額から取り崩して分配金として出しているだけなので、その分基準額が下がってしまいます。

ということでここ数年は持っていても意味がない状態なんですが、なぜそのまま保有し続けているのかというと、今後どうなるのか気なるからなんですよね(^-^;

 

すでに35円まで下がった分配金がさらに来年20円になって、その後0円になる日が来るのか?

基準額も0円に限りなく近づいていったら、償還日がない場合、最終的にどうなるのか?

 

こういった毎月分配型の最後はどうなるのか、前から気になっていたんですよね。

やはり保有していないと興味を持って見ていけないので、このままホールドしながら見守っていきたいなと思います。

まあ希望としてはもちろん上がってほしいですけどね(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました