管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

何で?どうして?さんにはブログが向いている

働いて稼ぐ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

アラサーで会社員を卒業し投資と事業でゆるく生きているちーです!現在サイドFIRE4年目。
私の人生のモットーは「楽に楽しく生きる」
当ブログではそんな人生を叶えるために私が実践してきた「ミニマルライフ×複業×資産運用」について発信中♪

その他著書「ゆるFIRE」、YouTubeチャンネル「ちーのゆるFIREな日々」の運営、ダイヤモンド・ザイ、トウシル、AERA、CLASSY.などメディアにも多数掲載実績あり

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする
YouTubeやってます!チャンネル登録よろしくお願いいたします♪

 

私の今一番の仕事といえば(仕事と言えるのかは置いておいて割く時間で考えると)このブログの更新なんですが、ブログをもう5年近く継続して更新し続けることができているのは、なんと言っても書くことがあるからということに尽きます。

そして、なぜそんなに書くことがあるのかと言えば、何でどうして?が人より多いからだと思うんですよね。

 

スポンサーリンク

昔から疑問は解決したいタイプの私にはブログが合っていた

この件に関しては先日も書いたんですが、私のようなタイプはまさにブログのような自分のそういった疑問だったり考えを発信するにはうってつけのツールだと思っています。

協調性のない私は常に一定水準で嫌われてきた
私は昔から協調性があまりなく、我が道を行くタイプでした。 だから嫌われることも多かったかなと思います。 ただその反面すごく好きになってくれる人もいて、人生で損をしたと思ったことはないんですよね。 今はゆるF...

 

また、書くことによって自分の思考も整理できるし、後で振り返ることもできるので、私にとっては今や欠かせない存在となっているんですよね。

私の著書の中でも副業としてブログが一番おすすめと言っていますが、プラットフォームとしての役割だけでなくこういった理由もあるのです。

 

そのため、個人としてビジネスを持つ上でブログもしくは自分のサイトというのは必須の存在だと私は思いますし、ビジネスという観点だけでなく上記のような理由で自分の思考を整理するためにもブログというのは皆さんにおすすめしたいツールのひとつです。

 

やっぱりおすすめはワードプレスかな

私の場合以前に副業遍歴でまとめた際にも書いているんですが、最初は無料のブログを使っていました。

しかし、なんかあまりテンションが上がらなくて途中でやめちゃったんですよね。

管理人ちー
管理人ちー

やっぱりデザインとかあまりいじれないし愛着が沸かなかったからかも

 

ということで、その後改めてワードプレスを使って新たに立ち上げたのがこのブログ。

やはりワードプレスの場合は自分で色々とカスタマイズできるので私はおすすめです。

 

でもハードル高いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、完全初心者の私でも「ワードプレス 初心者 設定」とかで検索して出てきたネット情報をもとにやったら何とかできました。

管理人ちー
管理人ちー

今はネットで調べればほぼ100%問題は解決できますからね〜



一度ブログに挑戦してみてはいかが?

ただ、本当に続けられるか不安な方は無料ブログのほうで一度試してみるのも手。

Twitterやインスタなどが続いている方であれば多分問題なく続けられると思うんですけどね。

 

ちなみに私がブログ運営に使っているのは以下の通り。

ソフト:ワードプレス

テーマ:cocoon

サーバー・ドメイン:エックスサーバー

テーマは無料のものから有料のものまでたくさんありますので、自分の好みのデザインのものを見つけるといいかと思います。

サーバーやドメインに関しては正直どこがいいかは分かりませんが、多分一番使っている人が多くて大手のエックスサーバーが一番安定していていいのではないかと思っています。

管理人ちー
管理人ちー

私も初期からずっとエックスサーバーを使っていますが、今のところ不具合などは一度もありません(^^)

 

無料ブログもそうですが、YouTubeやTwitterなんかもそれぞれのプラットフォームの中のルールに従ってやっていくしかないので、いきなり消されたりそれ自体がなくなったりというトラブルも起こりかねません。

その点ワードプレスは完全に自分で運営するものなので、そういったプラットフォームに影響されないというのも大きな利点ですよ!

 

ブログ村参加してます(^ ^)

下記をクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました