管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

いまだに第3号被保険者を批判している人がいてびっくりなんだけど・・・

節税情報
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイア(サイドFIRE)しちゃった管理人ちーです。

お金持ちは目指していません。
好きなことだけをして生きていくために必要な経済的自由(FIREのFIの部分)を得ることを目指しています(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について発信中♪

その他YouTubeチャンネル「ちーのはんぶん自由な日々」の運営、Yen SPA!、AERA、トウシルなどのメディアにも出演経験あり。

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする
YouTubeやってます!チャンネル登録よろしくお願いいたします♪

 

ちょっと前にある掲示板で、自営業者の妻である方が

名前

サラリーマンの妻だけ扶養に入れるのはおかしい!

とお怒りの様子で、笑っちゃいました。

無知すぎて。

 

健康保険や公的年金の仕組みをちゃんと理解していたらそんなこと絶対に言わないはずです。

前にもこの件には触れたんだけど、いまだに第3号がずるいと思っている人がいて本当にびっくりします。

 

スポンサーリンク

自営業妻が第3号になれないのは当たり前

第3号被保険者になると健康保険料と国民年金の支払いが免除されるんですが、まず健康保険料の方は、会社員である配偶者が所属する保健組合が代わりに支払っています。

管理人ちー
管理人ちー

しかも、保険料の半分は会社が負担してくれます

これが会社員の大きなメリットでもありますよね

 

そして自営業の場合は会社員が入る健康保険ではなく、国が運営する国民健康保険に入っているケースが多いと思います。

私も自営業者なので、この国民健康保険に入っています。

このように、そもそも入っている保険先が違うんですよね。

 

そのため、この自営業者の妻は、それぞれ保証内容が違う別の保険会社の保険に入っているのに、保証内容がいい保険に入っている人と比べて自分の保証内容が悪いのはおかしい!と騒ぎ立てているようなもの。

なので、同じ保険に入っている独身の会社員が文句を言うならまだ分かります。

しかし、要は全然違う会社の保険に入っている人が文句を言うのはお門違いすぎるということです( ´∀`)

 

第3号は会社員に与えられた数少ない優遇制度

じゃあ国民年金の方はどうなんだ!?というと、これも前回記事にしたように、そもそも会社員が払う厚生年金の半分は、国民年金の赤字補填に使われています。

そのため、全く自分とは無関係の国民年金世帯の補填をさせられているというめちゃくちゃ可哀想な状況なのが会社員なのです。

会社員は扶養者だけでなく自営業者の国民年金も支えているという事実
私はセミリタイアしてから税金のことも色々と調べる機会が多くなったんですが、結婚するまで扶養という制度のことは知らず、えっ結婚したらこんなに優遇されるの!?と驚いた経験があります。 しかし、もっと詳しく調べてみる...

 

ということは、まだ自分の配偶者の分に補填された方がマシですよね?

実際、この第3号被保険者は搾取されまくりな会社員にとって数少ない優遇制度なので、普通に考えたら、実際に払う側の会社員からしたら

夫
会社員

第3号より厚生年金から国民年金への補填を中止する方が先だわ!

ってなると思いますよ〜

 

私も実際、セミリタイアして数ヶ月は夫の扶養に入りましたが、この制度を知らなかったので何このお得すぎる制度は!?と驚きました(笑)

しかし、国民年金の今も結局は厚生年金に支えてもらっているので、厚生年金者の身内である第3号が優遇されていることがずるいなんて全然思わないですけどね。

 

しかも、既婚者の90%強が子持ちであることを考えると、妊娠出産による収入低下を補う意味でも第3号は必要な制度であると言えます。

管理人ちー
管理人ちー

逆に、会社員の方は赤の他人の国民年金を支えているのに文句を言わないのが不思議すぎるんですが・・・



批判するのはお門違いの国民年金者ばかりという現実

しかも、この第3号を批判するのは同じ会社員ではなく、なぜか支えてもらっている側の国民年金者なんですよ・・・。

それはなぜかと言えば、一番損をしているのは独身もしくは配偶者が扶養に入っていない厚生年金者なわけですが、そもそも数が少ないし、後でもしかしたら自分もその制度のお世話になるかもしれないという思いがあるためかなと推測できます。

 

そして、批判する資格のない国民年金者が第3号を批判してしまうのは、上記のように健康保険の仕組みを知らない&厚生年金に支えてもらっていることも知らないからではないでしょうか?

もうこういう批判を目にするたびに、無知って怖いなって思います。

ってか、そもそも庶民は大体平等になるようにできているので、イラつくだけ損ですよと教えてあげたいですね(^ ^)

税金の不平等って感じますか?実はかなり平等になるようにできている
先日会った弟夫婦が、 日本って税金取られすぎじゃない!? と言っていました。 確かに弟夫婦は共働きで世帯年収はかなり高いんですよね。 そして子供を預けてまで一生懸命働いてい...

↑ただし、今は損益分岐点は世帯年収900万円ではなく6〜700万円という説も出ているようです

 

ちなみに我が家の場合は夫婦2人してエグい額の保険料も税金も払っていますが、受けている医療は全て保険適用外なので1円も恩恵を受けていないというね(笑)

管理人ちー
管理人ちー

まぁ世の中そんなもんですよ・・・シクシク

 

参考になったなぁと思ったカテゴリーをクリックしていただけますと嬉しいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

  1. KEI より:

    知らない事は本当に怖いです。
    日々勉強です、、、

  2. >厚生年金の半分は、国民年金の赤字補填に使われています

    たぶんですがこのことを知らないからじゃないでしょうか。

    以前ですが投資仲間とオフ会したときに厚生年金と国民年金の資金は別々に管理されていると考えている人がいました。

    それなら第三号の年金はどこからでているの?と聞くとわからないということでした。

    年金やその他のことも自分に降りかかってくるまでは真剣に勉強することないと思いますから、文句を言う人はほとんど感情論だと考えています。

    ブログを書いてて感じるのは何か聞かれたときにきちんと答えられることを書くというのは日常生活でも大事なんだなと思います。

    年金に関して言えば厚生年金加入者がもっとも割を食っているということなんだけどね。

    • そうなんですよね、3号がお得というか、2号がかわいそうすぎるだけなんですよね笑
      そのかわいそうな2号とセットの3号が優遇されることによって、1号との不公平さが若干緩和されているだけです。

      しかし、この補填の件は2号に大々的に知れ渡ると色々マズイので巧みに隠されているので、知らない方も多いのは仕方がないかもしれませんね!

  3. とおりすがり より:

    セミリタイア界隈だと、全額免除受けてて3号批判してるアホいますね
    3号 配偶者がはらってる
    免除のセミリタイア者 払う経済力があるのに制度にタダ乗りして厚生年金の補填を食いつぶしている
    批判されるべきはどちらなのか

タイトルとURLをコピーしました