人生100年時代を安心して生きるために必要なのは保険ではなく○○

資産を作るためのノウハウ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

最近「人生100年時代」というキャッチフレーズをよく聞くようになりましたね。

人生100年時代に備えて〜とか言って保険という危険な物を売りつけてくる不届き者もいますが、人生100年時代に必要なものは保険ではありません。

 

これからの時代、

国がどうにかしてくれる

保険に入っているから大丈夫

という考えは全く通用しません。

 

では何が必要なのか?

それは収入源を複数作っておくことだと思っています。

 

スポンサーリンク

若いうちにたくさん試行錯誤を繰り返して収入源を見つける

人生100年となると、私はざっくり以下のように考えています。

0歳〜20歳 収入を得るための準備期間
20歳〜40歳 自分に合った収入源を探す期間
40歳〜60歳 見つけた収入源を極める期間
60歳〜80歳 自身の体力に合わせて作業を縮小させていく期間
80歳〜100歳 不労所得のみで生きていく期間

これまでであれば安定した企業に就職さえすれば一生安泰でしたが、これからは一つの企業に勤めているだけではリスクが高すぎます。

そのため、上記の20歳〜40歳の若くてエレルギーに満ち溢れている期間にいろんなことに挑戦し、たくさん失敗を繰り返しながら会社員以外の収入源をいくつか見つけておくことが重要です。

 

私もそうでしたが、やっぱり若さってすごくて、割と激務な会社にいながらも結構いろいろなことに挑戦できました。

若いからこそ失敗しても立て直せますしね(・∀・)

 

私の場合は投資とブログだった

私の場合20歳で株式投資というものを知り、最初は失敗して大事なお金を失いました。

しかし、その後きちんと勉強をして正しい方法で投資をすればちゃんと増えていくことが理解できたので、その後は投資による収入源を得ることができました。

また、今後のネット社会において何かネットを使ったビジネスがしたいと思っていたので、その中でも自分にできそうなブログも始めてみました。

ブログの方はまだ収入源と呼べる状態ではありませんが、今後も期待はしています。

 

まぁ私はこんな感じだったんですが、探せば山ほどありますよね。

何か物作りが得意なのであればハンドメイド品を売るとか、何か得意分野のブログを立ち上げるとか。

不動産に詳しければ不動産投資もあり。

 

最近はプログラミングを副業にしている会社員も多いみたいですし、せどり、ウーバーイーツの配達員、ポイ活もありですよね。

私も楽天スーパーポイントは積極的に貯めてますよ!

独身でも楽天ポイントが毎月1万ポイント貯まる方法教えます!
さて、私は日頃から楽天市場を愛用していまして、そのおかげで毎月平均で1万ポイントは貯まっているんですよね。私は月の生活費が約16万円と決して浪費している方ではないと思いますが、そんな生活でも毎月1万ポイントは貯まります。そこで、どのように毎月1万ポイント貯めているのか、その内訳をご紹介したいと思います。



月1万円からでも何か収入源を見つけてみよう

さて、このように自分が得意なものから何でも始めてみることが大事です。

時にはかなり時間をかけてやったのに全く収益が出なかったということもあるかもしれません。

しかし、そういった失敗を繰り返しているうちに、だんだんと自分に合ったやり方が見えてくるはずです。

 

でも本業が忙しくてそんなことできない・・・というあなた。

本業はもっと手を抜いていいんですよ!!

あ、ちなみに私も仕事をしている時は会社で別のことをしてました↓

今の会社には、タダで2つのオフィスを貸してもらっています
現在、私は会社員としての給料の他に、投資とブログなどの副収入の3本柱で収入を得ています。そして、それら3の作業時間のほとんどは、会社のオフィスで済ませていますので、具体的にどのような状況でどうやって実行しているのか、ご紹介させていただきます。

 

本業を1時間サボってその時間を他の収入源を見つける時間に当ててみてください。

会社に忠誠を誓ってもいざと言う時に本当に助けてくれるか分かりませんから。

管理人ちー
管理人ちー

もっと不真面目な社員になろう(^ ^)/

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました