セミリタイアして変わったこと③朝眠気と戦わなくなった

アーリーリタイア
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたがアラサーで3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

どうも!セミリタイアーのちーです。

 

さて、第3弾ですが3つ目は何かというと、朝の爽快さ!です。

人生で目覚ましに無理やり起こされなくてもいい日が来るなんて・・・。

実際に目覚ましなしで毎日起きていると、目覚ましに起こされるのってすごいストレスだったんだなと実感できます。

①、②はこちら

 

スポンサーリンク

働いている時は7時間寝ても疲れが取れなかった

働いている時から睡眠だけは十分取るように心がけていました。

とはいっても、取れて7時間が限界。

私の場合、7時間では足りなかったのか目覚ましが鳴っても起きられず、その後15分くらいは毎日スヌーズとの戦いでしたね(笑)

 

そんな感じで無理やり起こされるもんだから、なんだか疲れが取れていないなぁと思いながら毎日会社に行っていました。

そして、その溜まった疲れを癒すために休日は10時間以上寝て、その後もゴロゴロと過ごして休日を無駄に過ごしてしまうことも。

 

仕事をしていた時は7時間寝ても朝からだるかったり、しんどいなぁと思うことも多々ありました。

休日に多めに休むことで何とかリセットしていましたが、そうすると休日は遊んだり自分の好きなことをすることができなくなります。

結果、慢性的に時間が足りない状態に陥ります。

 

逆に規則正しい生活になった今

そんな状態から会社を退職したことで時間がたっぷりある生活に劇的チェンジ!

最初の頃こそ目が覚めるまで寝ていよう!と10時過ぎまで寝てみたりしてたんですが、疲れもストレスも溜まらないからか、普通に7時間くらい寝ると目が覚めちゃうんですよね。

 

また、その頃前日寝すぎたせいで夜0時を過ぎても眠くならず、結局2時過ぎに寝るというのを繰り返してしまって一時昼夜が逆転しそうになったこともありました。

しかし、夫と一緒に暮らすようになってからは夫が出勤する時間には起きるようになったので、今は普通に0時前後に寝て朝8時までには起きるというリズムが出来上がっています。

 

一応毎日8時に目覚ましはかけてありますが、だいたい7時台に自然と起きちゃうんですよね。

ということは、今の私には毎日7時間半くらいの睡眠で十分みたいです。

これが今の私の体が求めている睡眠時間なんだと思います。

 

日本人は睡眠が足りていないらしいですよ

睡眠時間の統計を見てみると、日本人の睡眠時間がいかに他国に比べて短いかということが分かります。

2014年のデータですが、1位の南アフリカが9時間22分に対して日本は7時間43分。

正直えっ意外と長くない?と思ったんですが、働き盛りの40代に至っては7時間を切っている模様。

 

とはいえアメリカでさえ平均8時間半くらい寝ていることを考えると、やっぱり日本人は睡眠時間短すぎですよね?

健康のことを考えても、やっぱり8時間は寝るべきみたいですよ。

管理人ちー
管理人ちー

特に毎日仕事をして疲労を蓄積した体には絶対必要!



自然に目覚めるまで寝てしっかり体の修復をしよう

人間って寝ている間に傷ついた細胞を修復したり、脳の整理をしたり、体のありとあらゆるメンテナンスをしてるんですよね。

ということは、仕事を1日して疲れが溜まったりストレスが溜まった状態であれば修復するのにも時間がかかりますよね?

 

ということは、私も仕事をしていた時は7時間の睡眠ではメンテナンスがしきれなかったからまだ眠かったんだと思います。

そのため、私は自然に目覚めた時が体のメンテナンスが終わった合図だと思っています。

 

ということで、もし毎日目覚ましに起こされるのが辛い、疲れが取れていない気がする、という方は睡眠不足の可能性大ですよ!

体のメンテナンスができないと病気にもかかりやすくなってしまいます。

体を健康に保つという意味でも、私は“何をおいても睡眠を最優先すべき”と今は思っています。

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました