今の社会では、やはりまだ”若くして働かない”ということは許されない

アーリーリタイア
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!アラサーで3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれることです。
当ブログでは、そのために私が実践しているシンプルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

こんにちは!

セミリタイアーのちーです。

 

先日夫側の親戚に会う機会があり、「今仕事は何してるの?」という定番の質問をいただきました(・∀・)

「資産がある程度貯まったので、お試しでセミリタイア生活をスタートさせてます。」

 

・・・なんて間違っても言えませんよね?

夫側の親族からおかしい奴認定されちゃいます(笑)

 

無難に「今はまだ働いてないんですよね〜でも失業手当の支給も先月終わったので、パート探そうと思ってます」と言うと、今だに正社員を辞めたのはもったいなかったという人もいたり、子作りが優先だから今はいいんじゃない?とか色々な意見がありました。

しかし、やっぱり皆さんの発言の端々で分かったのは、

子供もいないのに、無職はあかん!

ということ。

 

スポンサーリンク

若いうちは汗水垂らして働かなくちゃね

確かに周りを見てみると、独身であればもちろんフルタイムで働いていますし、既婚であっても子供がいない人は働いている人が多いんですよね。

いわゆる専業主婦の人は、ほぼ子供がいます。

 

なので、私は子供もいないのに専業主婦ってオイオイと思われていることでしょう(笑)

周りの意見としては、30代前半で体力も気力もあるのに働かないのはもったいない、今後子供ができれば嫌でも働けない時期が来るんだから今は働いた方がいい、とのこと。

要は、若いうちは一生懸命働くか子育てか、どちらかの努力はせよ!ということですね。

 

これは本当に真っ当な方の真っ当な意見だと思います。

なので否定するつもりも毛頭ないんですが、私は真っ当な考えの持ち主ではないのでその考えに従うつもりもないんですよね。

私は、私なりに違う方法を考えて今まで突き進んできましたから。

 

なぜ労働してお金を稼がなくてはいけないのか

とはいえ、やはり一般的には「お金を稼ぐ=一生懸命働く」という公式が成り立つので、働いていないということはお金を稼がない怠け者というレッテルが貼られます。

そもそも、私のようにフルタイムで働かなくても十分生活ができる状態というのが、なんか許されていない感じがしてなりません。

特に、若いうちは苦労してナンボという考えは今だにありますからね(^_^;)

 

これは、ある種お金持ちに生まれて一生働かなくてもいい人への妬みと似ているような気がします。

確かにこの場合は全く自分で努力せずに生きていくことができているので、「ずるい」という感情が芽生えても不思議ではないですよね。

 

羨ましいと思う反面、苦労せずにお金を得るということに嫌悪感がある。

これって、本当に日本人が投資に対しての考え方が遅れていることに通じていると思います。



今はまだ若くしてセミリタイアを声高に掲げるのは危険

私の両親は、私が資産運用していてある程度安心できるだけのお金があることも知っているし、私が生涯に渡ってのことをよく考えていることも分かっているので、今無職でいることに対して特に何も言ってきません。

しかし、事情を知らない第三者から見たら、私はただの”夫に養ってもらっている怠け者の主婦”でしかないんですよねぇ( ´Д`)

 

逆に考えてみると、もし結婚した途端娘の夫が無職になったら、確かに不安で仕方ないですよね(笑)

いくら「私たちは大丈夫」と言ったところでそんな言葉信用できる訳ないし、そんな無職男とは離婚しろ!と周りから言われても不思議ではありません。

 

そう考えると夫側の親族も不安に思っているんだろうなぁと思い、今後はもうそれなりに働いているってことにしようかなと思っています。

それが一番平和かなと( ^∀^)

このブログでは真実を書いていますが、リアルの世界ではまだ投資をしてセミリタイア!なんてことは理解されないので言わない方が無難です。

 

今後は徐々にこういった生き方も認められていくと思うんですけどね!

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました