管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

根深すぎる男女の仕事、家事、育児の負担問題

高効率な生活
スポンサーリンク
この記事を書いた人

アラサーで会社員を卒業し投資と事業でゆるく生きているちーです!現在サイドFIRE4年目。
私の人生のモットーは「楽に楽しく生きる」
当ブログではそんな人生を叶えるために私が実践してきた「ミニマルライフ×複業×資産運用」について発信中♪

その他著書「ゆるFIRE」、YouTubeチャンネル「ちーのゆるFIREな日々」の運営、ダイヤモンド・ザイ、トウシル、AERA、CLASSY.などメディアにも多数掲載実績あり

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする
YouTubeやってます!チャンネル登録よろしくお願いいたします♪

 

家族になり、子供を育てながら生活していくことを考えるとさまざまな負担が増えていきます。

その負担の代表的なものが仕事、家事、育児の3つですよね。

 

最近Twitterでもこれ関連のツイートが多い気がするんですが、基本夫婦でこの負担を協力して分担していく必要があります。

しかし、分担できない部分もあるのが難しい点だと思っています。

 

スポンサーリンク

女性にしかできないこと

出産:女性のみ可
仕事:男女ともに可
家事:男女ともに可
育児:男女ともに可(一部女性のみ)

全てを平等に分担できたらいいんですが、上記のように子供関連の部分は女性限定の負担となることが多いですよね?

一昔前はその代わりに男性が命を張って外で戦い、その後は仕事という形で外で戦ってきたわけですが、現在は女性も外で仕事をするようになってしまいました。

 

このように、現代では男性が担ってきた負担を女性もするようになってしまったため、男女の負担の割合がおかしくなっているなと感じています。

それが、周りのワーママの不満度の高さに如実に現れているなと。

 

以前に何かの幸福度の調査でも現在独身女性よりも既婚女性の方が幸福度は低いという調査結果が出ていたと思うんですが、本当に今周りの子育て中のワーママはもれなく疲弊しています。

管理人ちー
管理人ちー

私の母もまさにワーママの先駆けでしたが、子供の頃ソファでくつろいでいる母の姿を本当に見たことなかったです

 

正直私も母のようになりたいとは思わなかった

このように現代では「女性は家で子供と家を守り男性は外で稼ぐ」という住み分けがなくなったわけですが、それでも妊娠出産はこれからも女性にしかできません。

私は仕事をしながら家事も9割こなす母の姿をずっと間近で見てきて、正直将来は結婚したくないと思っていました。

管理人ちー
管理人ちー

普通に考えて、そんな姿見てたら結婚に憧れるわけないですよね??

 

しかし、愛する人と出会ってしまったがために全ては覆され、結局は私も同じ道を辿っています。

ただ私の場合やはり救いなのは資産があるということ。

 

私の場合資産が私の代わりに働いてくれているおかげで、私自身はそこまで疲弊していません。

しかし、実際のところ資産収入がある人は少数派。

そのため、多くの女性は現在仕事にも家事にも追われ疲弊しているんですよね。

 

以前にこのようなツイートをした際、そこまで疲弊するなら産まない選択をすればよいという旨のリプが来ました。

https://twitter.com/chii_life/status/1568007168087183360

ただ、その結果が今の異次元の少子化です。

産まないという選択は簡単ですが、それを選択し続けると日本人はいなくなりますね・・・



結局この問題はお金で解決できる

以前のように男性の一馬力で家族を養える状況であればこんな問題は起きなかったかもしれませんが、現実は年々年収が減少する一途。

そのため、今後も共働きは避けられないでしょう。

 

ってことはシンプルに家事育児も同じように分担すればいいのでは?と思うわけですが、これができないからワーママが疲弊しているわけですよね。

そうなってくるとやはり解決策は1つしかありません。

そう、お金を払って家事育児を外注するということです。

 

いやそんなのお金があればそうしてるわって声も聞こえてきそうですが、それを実現させるために資産形成をするのです。

管理人ちー
管理人ちー

現に私の場合今は家事を自分でしていますが、嫌になったら外注することもできます

 

皆さん、本当に困った時に絶対に助けてくれるのは配偶者ではなくお金ですよ。

これを肝に銘じて資産形成頑張っていきましょー♪

 

ブログ村参加してます(^ ^)

下記をクリックして応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました