人生1秒でも早く自由に生きたもん勝ち!私のアラサーでセミリタイアまでの道

なぜ日本はデフレから脱却できないのか?それは◯◯が阻んでいるから

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

さて、前回国の借金のことについて私なりの考えを書いてみたんですが、今後の日本の未来を考えるのであれば、今のデフレから脱却して緩やかにインフラに持っていくことが必要だと私は考えています。

それなのに、それを阻害するようなメディアの報道にちょっとイラっとしちゃった私(笑)

 

しかし、そもそもなぜそれをやろうとしていたアベノミクスの3本の矢は失敗に終わってしまったのでしょうか?

管理人ちー
管理人ちー

ってか結局最終的にどうなったんだっけ??

ということで、アベノミクスでやろうとしていたデフレ脱却策について再度確認してみようと思います。

 

スポンサーリンク

アベノミクス3本の矢とは一体何だったのか?

アベノミクス3本の矢には「旧」と「新」があり、現在は新の方に移行しているようです。

しかし、現在の新の方は何か急に政権とりのための綺麗事になっているので割愛します。

管理人ちー
管理人ちー

ってか新なんてあったの?っていうレベル(笑)

 

皆さんもご存知の最初に掲げられていた「旧3本の矢」は

・大胆な金融政策→金融緩和
・機動的な財政政策→公共事業
・投資を喚起する成長戦略→規制緩和

でした。

この3つの矢が放たれることで、年2%のインフレ率を達成できるというもの。

 

第1の矢はかなり記憶に残っていますよね。

異次元の金融緩和によって、私自身も恩恵を受けました。

 

このように第1の矢は大成功を収めたわけですが、その後の2本目の矢からは予算が大きくかかる&痛みを伴うことから世論からの反発が大きく、結局道半ばで「新」に移ってしまったようです。

そう、結局達成されていないんですよね。

 

結局デフレから脱出できないのは国民のせい?

アベノミクスの3本の矢は3本とも放たれてこそ結果が出るものなのに、結局は達成されないままいつの間にかこの目標は消滅してしまいました。

ただお金の供給をしただけなので、結果大企業と金持ちが潤っただけですね。

 

実際企業が大きく成長したことは事実です。

ただ結局内部留保して従業員には還元してないというね(^_^;)

管理人ちー
管理人ちー

これも大問題ですよね

 

というか、第2の矢で需要を生み出し第3で規制緩和までしていれば庶民も潤ったはず。

それなのに庶民が大多数を占める世論の反発が大きかったとはどういうことなんでしょう??

 

これは有権者の内容が関係しているのでは?と私は思っているんですよね。

有権者の割合を見ると高齢者が一番多く、さらに実際に投票に行くのも高齢者です。

ということは、現在の政権を握っているのは高齢者に他ならないんですよね。

 

高齢者にとってインフレは何の得もない

ではなぜ高齢者が政権を握っているとインフレが進まないんでしょうか?

 

インフレとはお金の価値が下がって物の価値が上がることですよね?

ということは、お金を稼ぐ立場の現役世代にとってはお金を稼ぎやすい一方で、もうお金を稼ぐ立場にない高齢者からしたら物の価値が上がるだけで何の得もないんですよ。

 

しかもお金の価値が下がるということは、今まで頑張って蓄えてきた自分の貯蓄の価値も下がるということです。

現在日本の資産の大部分を持っているのは高齢者なので、その高齢者がインフレを望むわけがないですよね。

 

ということで、インフレは現役世代にとってはよいことでも高齢者にとってはよくないことなんですよね。

そうなっちゃうとそりゃデフレから脱却なんて支持するわけありません。



今の現役世代が豊かになるためには投資か政治を変えるかの2択しかない

この考え方はあくまで私が思っているだけなので、正しいかどうかは分かりませんよ!

もっと別の問題も絡んでいる可能性もありますし、もしかしたら全くの見当違いの可能性もあります。

管理人ちー
管理人ちー

というかそういう場合は教えて欲しいです!

ない頭なりに考えた結果ですがまだまだ分からないことだらけです

 

ただ、もしこれが正しいのであればやはり選挙に行かない現役世代にも問題があると言えますよね。

元々分母が大きい高齢者に対抗することは難しいかもしれませんが、それでもやはり声をあげないと何も変わりません。

 

そしてもう一つ私がお伝えしたいのが、豊かになるためには政治の動向をしっかりを理解しておくことが必要だということです。

安倍政権が3本の矢を打ち出した時点で、早い人は株価上昇を見込んで株を買っていたはずです。

結局そういう人が豊かになれるんですよね。

 

ということで、今の政治についても声をあげつつ、やはり自分自身で豊かになるための策もしっかりとしていくということが重要です。

今、金持ち優遇の状態になっているのであればその恩恵を自分も受ければいいんですよ。

 

私自身も金融緩和に乗っかって資産を増やすことができています。

そして今、iDeCoやNISAなど税金が免除される制度もあるので使わない手はありませんよ!

管理人ちー
管理人ちー

乗っかれるものは乗っかる!それが私の信条です(^ ^)

[勉強より実践がおすすめ]投資初心者はまずNISAとiDeCoの口座を開設せよ!
どうも!セミリタイアーで投資家のちーです。 さて、このブログではミニマルライフとともに主に書いているのが投資についてです。 1年くらい前に書いた記事ですが、日本の金融資産のうち投資商品の割合はたったの17%程度と...

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました♪

 

コメント

  1. deds より:

    いやだから安倍さん支持してるの、あんたら若い世代なんだが

    • コメントありがとうございます!

      支持しても圧倒的少数派なので声が反映されないということですよ。
      そもそも政治に興味のない人が多いので、支持しているかも定かではありません。

      ただ安倍政権が誕生し、3本の矢の金持ち優遇策が実行された後、その後に続く矢を放とうとすると政権支持率が落ちて政権を維持できなくなるという事態に陥るのは事実です。

タイトルとURLをコピーしました