人生1秒でも早く自由に生きたもん勝ち!私のアラサーでセミリタイアまでの道

「投資をしてなくてよかった」と言う声はショックだけど・・・

投資で増やす
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

さて、2月に入ってから新型コロナきっかけで芋づる式にいろいろな問題が起き、あれよあれよと言う間に株価が20%以上下落しました。

その後も乱高下を繰り返し、まだまだ混乱状態が続いていますね。

 

そんな中多くの投資家の方が資産を減らすことになっているわけですが、あるブログで

夫

私も投資をしようか悩んでいましたが始めなくて正解でした

と言う内容の記事を発見。

20歳の時から投資をしている私にとってはとても悲しい書き込みでしたね・・・。

 

スポンサーリンク

投資とは当たり前ですが下がることもあるものです

やっぱり株を長期でやっているとどうしても定期的に暴落というものは起きてしまいます。

しかしその分上がることももちろんあるわけで、長い目で見れば株式と言うのはどんな投資商品よりリターンは大きいんですよ!

これは過去のデータが明確に示している事実であり、これからも世界的に人口が増え経済が成長していく限りはプラスになっていくはずです。

 

そんな何よりもリターンが期待できる株なのに、今回のことで「ほらやっぱり危ないじゃん」とか「投資やってる人ざまぁw」みたいな意見を目にすると、やっぱり他人には気軽にすすめてはいけないものなのかなぁと思いました。

管理人ちー
管理人ちー

暴落した時にこういった攻撃を受けると思うと怖いですよね

 

私個人の意見としては、まだ投資歴15年程ですが投資をやってきて本当によかったです。

これによって私の人生も大きく変わったし、多くの人にそうなってほしいと思っています。

 

しかし、暴落があったときの叩かれ方は半端じゃない気が(^_^;)

もし身近な友達にすすめていきなり20%も損したら、投資は自己責任とはいえどう思われるのか考えただけでも怖い・・・。

管理人ちー
管理人ちー

やはりリアルではこれからも投資の話はしないのが無難かな

 

人は得をすることより損をすることの方が数倍嫌い

そして今回のことで、一般的にはやはり得をすることより損をすることへの嫌悪感がものすごく強いということが改めて実感できました。

私は割とそういった点ではメンタルが強くなったのかな(^_^;)

長くやっていると言うこともあるかもしれませんが、今回の問題で投資をやめるという考えは1ミリも起きませんでした。

 

しかし、多くの方は損失に対してそんなに許容範囲が広くないということですね。

その辺をちゃんと認識した上で人にはすすめないといけないし、普通の感覚の人にとってはその人が思っている以上に実際に損失が起きた時のショックは大きいということです。

 

結局はそれぞれのリスク管理が重要なんですが、自分が大丈夫と思ったラインより実際にはもっと低く設定するべきなのかもしれませんね。



ブログ内ではこれからもすすめていきますよ!ただしリスク管理を今一度確認しましょう

あえてここで改めて言っておきますが、私はこれからも投資推奨派です。

というか、これからの時代投資も組み合わせていかないとかなり人生ハードモードだと思っています。

そのため、どちらかというとこういったリスクを背負いながらも豊かになるために投資をしていくしかないという考えです。

 

今回の暴落で元本割れしてしまった人にとっては

夫

投資やらなきゃよかった

と思っている方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、やめなければいつかその損失は微々たるものになると思いますよ( ^∀^)

いつかは私も分かりませんけどね(笑)

私のように人生のライフワークと思えば、投資も人生と一緒で楽あれば苦ありで最終的に少しでも楽になっていればいいというくらいのスタンスで臨めるのではないでしょうか?

 

そして長期で続けるためにも、やはりリスクは抑えておくべきですね。

このリスク管理についてはまた後日詳しく書きたいと思っています。

ということで、今はとても辛い状況の方も多くいらっしゃるかと思いますが、長期的には大したことないと思いますのでしばらく頑張りましょう!

管理人ちー
管理人ちー

失恋と同じで喉元過ぎれば時間が解決してくれますよ(^ ^)/

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました