毎日飲むなら、牛乳と豆乳どっちがいい?成分を徹底検証

美容と健康
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたがアラサーで3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

皆さん普段の食事にプラスして牛乳もしくは豆乳は飲んでいますか?

 

私は、普段夜にたんぱく質摂取の補助としてグリーンスムージーにして飲んでいる為、ほぼ毎日どちらかは摂取しています。

しかし、実際にはどちらが栄養的に優れているのか?

気になったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

牛乳と豆乳の基本栄養素の違い

まずはこちらの一覧をご覧ください。

 

一番の目的であるたんぱく質はほぼ同じといっていいですね。

たんぱく質の1日の推奨摂取量は体重×1~1.5gとされていますので、60kgの場合60~90gとなります。

ということは、コップ1杯(200ml)で必要量の1割程度が補えることになります。

 

以外と少ない気が・・・と思いましたが、実際には大部分が水分ですからね(^-^;

飲み物でこれだけ補えれば充分だと思います。

 

カロリーは、牛乳の場合は脂肪分が少なくなればなるほど低くなり、豆乳は調整タイプは味付けがある分、カロリーは高くなっています。

私は、普段牛乳の場合も豆乳の場合も無調整を選んでいますので、どちらも無調整で考えると、豆乳のほうがより低カロリー高たんぱくということになります。

 

次に、大きな栄養素の違いとして、牛乳にはカルシウムが多く、その代わりに豆乳には鉄分が多いということが分かりますね。

そして、炭水化物や脂質の代謝に必要なビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸などのビタミン群は、微量ですが牛乳のほうが勝っています。

その代わり、豆乳には女性にとってうれしい大豆イソフラボンがあります。

女性ホルモンの代替ホルモンとして働き、骨粗しょう症や更年期障害の予防に役立つと言われていますね。

 

牛乳には痩せる効果がある!?

上記の表を見ると、無調整の牛乳はカロリーが高いためどうせなら低脂肪乳を選ぶところですが、無調整のほうが痩せるというニュースを聞いたことがあることを思い出して検索してみました。

すると、やはりそういったデータもあるようですが、定かではありませんね・・・。

 

理由としてたんぱく質やカルシウム摂取による基礎代謝の向上、ビタミンB類による糖質や資質の代謝、ストレスの緩和などが挙げられていますが、低脂肪乳でも脂質の量以外の成分は変わらないはずです。

その他の何らかの成分が関係しているのかもしれませんが、理由がはっきりしないのであまり信用しないほうがいいかもしれませんね。

 

このように加工することによって何らかの効果が変わってくることを考えると、やはり無調整のほうが安心な気がします。

牛乳にはバランスよく栄養素も入っていますし、今後も選ぶ時には私は無調整にすると思います。

 

保存のしやすさ&味やアレンジ面ではどっちが有利か

毎日飲むものですので、保存のしやすさや味なども重要ですよね。

まず消費期限ですが、未開封の状態と開封後では以下の通りです。

 

未開封

牛乳 10日前後(要冷蔵)

豆乳 3ヶ月前後(常温で保存可)

 

開封後

牛乳 3日前後

豆乳 3日前後

 

開封後はどちらも早めに飲まなくてはいけませんが、未開封の状態であれば、豆乳のほうが圧倒的に長く、さらに常温で保存が可能となります。

 

味に関しては個人差がありますが、私は正直言ってダントツ牛乳です(笑)

特に無調整豆乳はそのままでは豆そのものすぎて飲めません・・・。

ただし、私は基本スムージーに混ぜて飲むか、ココアやカフェラテにして飲みますので、何かに混ぜればどちらも問題なく飲めます。

このように、味ばっかりは本当に個人差がありますので、自分が美味しいと思うほうを優先させてくださいね。

 

そしてアレンジのしやすさに関しては、ほぼ同等であると思います。

料理なんかでも、牛乳の替わりに豆乳を使っても味は変わりますが、まったく問題はありません。

パンケーキやプリンなどのお菓子でも、牛乳の替わりに何度も使っていますが失敗したことはありませんよ(^^♪



 

牛乳と豆乳の価格の比較

次に、重要な価格を見てみましょう。

メーカーや産地によってばらつきがありますが、どちらもだいたい1ℓあたり200円前後になります。

ただし、国産というくくりで見ると豆乳のほうが若干高くなりますね。

 

国産牛乳 1ℓあたり200円前後

国産豆乳 1ℓあたり250円前後

 

私がスーパーで見る限りでは、上記のように50円ほど豆乳のほうが高いです。

しかし、豆乳は保存が利きますので、まとめ買いすることができるというメリットがあります。

 

実際に私がいつも購入している国産無調整豆乳で比較してみると、1ℓ12本入り送料込みで2520円ですので、1本当たりだと210円になります。

それでも牛乳のほうがやや安いですが、宅配してくれることを考えるとこちらのほうが私的にはありがたいんですよね。

 

私は1日に300~400mℓ飲みますので、3日に1回都度買いに行くのは重いし面倒なんですよ・・・。

そうなってくると、まとめ買いができる豆乳が圧倒的に便利になってきます。

 

私が2,3か月に1回注文している国産の無調整豆乳はこちらです。

九州産ふくゆたかでこの価格は素晴らしいと思いますでおすすめです!

まとめ

結局のところ、どちらも栄養バランスは良く、甲乙付けがたいものであるということが分かりました。

栄養成分に関しては、ご自身の体調に合わせていいほうを選ぶ必要がありますが、私の結論としてはどちらも取るべきというものです。

 

私はヨーグルトも食べているので、それを考えると、基本豆乳とヨーグルトの組み合わせが最強ではないでしょうか?

牛乳と同等の栄養成分に加えて、乳酸菌がプラスされているので、牛乳より優位であることは間違いないですよね。

 

ということで、一番いいのは、どちらかだけを摂るのではなく、無調整豆乳+ヨーグルトで両方のいいとこ取りをすることにしました!

皆さんもぜひ日々の食事に無調整豆乳とヨーグルトを加えてみてくださいね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました