みんなしたくてしているの?結婚に関するダークな本音をぶちまける

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

こんにちは!

シンプリストのちーです。

 

ここのところ、結婚をしたことで今後のことについて話をすることも増えてきましたが、色々と問題も出てきています。

主に経済的な問題なんですけどね(笑)

 

そこで、最近そもそも私は本当に結婚がしたかったのか?何で結婚するのか?など色々と考えてしまうようになってきました。

マリッジブルー?と言われそうですが、元々私独自の考えがあり、その長年私が思い悩んでいた思いをここで告白したいと思います。

かなりダークネス発言が含まれると思いますので、気分を害するなと思われる方は他の記事をお楽しみください( ´∀`)/

 

スポンサーリンク

結婚願望が全くなかった私が結婚を意識し始めたきっかけ

私は、もともと結婚というものに何の憧れも希望も持っていません。

結婚式がしたいとか、ドレスが着たいとかそういうことも一度も思ったことがなかったですし、大好きな人と付き合った時にも結婚という考えには全く結びつかなかったんですよね。

しかし、30歳を過ぎると、いやでも結婚というものを意識せざるを得なくなる場面が一気に増えます。

今20代の皆さん、覚悟しておいてください(笑)

 

今思えば、20代の頃は全て持っていたなと思います。

やりたかった仕事、若さ、美しさ、恋愛、エネルギー。

全てをこなすのに精一杯で、忙しいながらも充実した日々を過ごすことができていました。

 

ただ、これが30歳を過ぎると若さがなくなり、それと共に美しさもなくなっていきます。

歳をとれば、それだけ20代の頃より恋愛もしにくくなり、エネルギーも減り、逆に仕事はちょっと落ち着いてくるので、色々考える時間だけは確保できるようになるんですよ。

 

そんな中で、周りの友達もどんどん結婚して子供を授かり、既婚子持ちと独身とではびっくりするくらい話が合わなくなってきます。

そうなると、悲しいことですが一緒に遊ぶことも徐々に減っていくんですよね。

そして、身内や親戚からは会うたびに「結婚は?」と聞かれる・・・。

もうね、30過ぎてからはこういうことが重なってメンタルが病みそうになりますよ。

 

30歳を過ぎても結婚していないとこんな風に思われます

こんな感じで、30歳を過ぎると一気に色々変わってきて結婚というものをしなくてはいけないという強迫観念に苦しめられます。

そして、周りの自分を見る目も変わってきます。

私も経験から感じたことは以下の通り。

 

結婚していないと難ありと思われる

これは完全な偏見であると私は思っていますが、「あの人独身だから〇〇なんだ」とか「結婚していないから〇〇なのよ」という言葉。

これを聞くたびに、ああやっぱり独身に対してはこういう偏見があるんだなと感じます。

 

独身でも人間的に素晴らしい人も沢山いますけどね。

しかし、現実ではやはり独身というだけで難ありなんじゃないかと思われることは多いと思います。

 

結婚しない主義を主張してもできないだけと思われる

なんかのドラマの名言でもありましたよね?

「私は結婚できないんじゃなくて、しないんです!」みたいなのが。

ただ、これも残念ながら負け犬の遠吠えとしか捉えてもらえないんですよね。

 

私も親戚のおばさんから「何で○○(私)は結婚できなんだろうねぇ?」と真剣に言われたことがあるんですが、「それは東大を受験しない人に何で受からないんだろうね?と言うのと一緒じゃない?」と返したんですが、あんまりピンとこなかった模様(笑)

例えが悪かったですかね(^_^;)

 

結婚していないといつまで経っても半人前扱いされる

まぁこれはある意味仕方がないかもしれません。

実際に、独身で悠々自適に暮らすのと家族を持って養っていくことを比べれば後者の方が断然大変ですからね。

 

ただ、女性の場合は特に結婚して子供を産むということが一番だと思われているなと感じることがよくあります。

従兄弟の間でも男の子は仕事のことやどれだけ稼いでいるかが重視されますが、女の私は仕事のことより結婚はまだか?ばかり聞かれますからね(笑)

 

本音はとりあえず結婚しなきゃ周りを黙らせることができないから

正直、30歳を過ぎてからこんな状態が続くと、結婚するつもりがなくても”しなくてはいけない”と思うようになります。

しかし、私も一時はそう言った世間の考え方に対抗していた時期もありました。

結婚する意味がわからない、子供が欲しければ結婚しなくても作ればいいと思うなど。

ちょっと変わった考え方かもしれませんが、名字が変わることにもものすごく抵抗がありました。

今までの自分が死んでしまうような、相手に取り込まれてしまうような感じがするんですよね。

 

このように他人にどう思われようと私は私のやり方で生きていくんだと思っていましたが、あまりにも惨めな思いをすることが多くなり、流石に私も耐えられなくなったんですよね。

最終的には、結婚さえすれは世間から許されるの?とさえ思うようになってしまいました。

それくらい強迫観念を感じてしまったんですよね。

 

結局のことろ、今の彼が大好きだから結婚したい!家族になりたい!という感情はないかもしれません。

もちろん付き合いたての大好きだったことは思っていたかもしませんが。

本音はこの状況に耐えられなくなったから、結婚してほしかっただけ。

こんなこと誰にも言えません。

 

もちろん、彼のことは大事ですし結婚してずっとそばにいるようになれば安心感はあると思います。

ただ、それを得るために払う代償も大きいような気がします。

結局私も自分の生き方を貫けるほど強くなかったということですけどね。

 

さて、何だか訳がわからない内容になってしまいましたが、この気持ち分かると思ってくれる方が少しでもいれば幸いです。

ほんと結婚って何なんでしょうね。

こんなに追い詰められてするものなのかよく分かりませんが、今の日本の少子化を考えると、こうやって周りが結婚に追い込むやり方が正しいのかもしれませんが(笑)

 

以上、

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました