女は一生一人で生きていけるのか?

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが30代前半で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。
現在はセミリタイア生活を続けながら60歳までに1億円の資産形成に挑戦中!

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

こんにちは!

シンプリストのちーです。

 

私も30代半ばに突入を控え、一生一人で生きていく道も考えなくてはいけない時期に入りました。

現在パートナーはいますが、結婚という法律上の契約をしていない以上、明日関係を一方的に解消される恐れもあります。

 

私は30代に突入するまで将来についてあまり深く考えたことがなく、最近やっと周りからの声で焦りだしたクチです(笑)

今になって「もっと早くから行動しておけばよかった(;_;)」という典型的な行き遅れタイプなんですけどね・・・。

 

しかし、こうなってしまった以上、過去のことを悔やんでも仕方がありません!

なので、今後どうやって生きていくのか、ここでよく考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

女性が社会的にも身体的にも不利なのは明らか

今後も一生一人で生きていこうとした場合、男性に比べて女性は不利な点がいくつかあります。

まずその点について確認してみたいと思います。

 

男性に比べて収入が低い

これは収入の統計を見れば明らかですが、私のように男性並みのお給料をもらえる職種につくことも可能です。

ですので、これは自分次第なところもありますね。

実際に、私の周りには給料の額より定時に帰れること、ノルマなどがないことを優先させて職を選んでいる女性はたくさんいます。

 

ただし、年齢が上がるとともに重要な役職につける確率は今でも男性の方が圧倒的に高いので、全体で見ればやはり女性の方が若干不利と言わざるを得ないですね。

 

男性に比べて力仕事などできないことが多い

これは実生活で実感し、悲しくなることがよくあります・・・。

例えば、びんのふたがどうやっても開かなくて諦めたところ、彼氏にやってもらうと普通に開いたりするんですよね。

普段そんなに力の差を感じることはありませんが、そういった瞬間に「ああ、自分はやっぱり男性と比べると弱いんだな」と実感します。

今はパートナーがいるため、高いところの作業や家具の組み立てなどを頼むことができますが、助けてくれる人がいなかったら自分ではできないことが出てくるんだろうなと思います。

 

男性に比べて自分自身を守る必要がある

こちらは以前に痴漢等の被害について書いたことがありますが、住む場所もある程度制限されたり、セキュリティ費用がかさんだりします。

女性の銭湯通いは盗撮や痴漢にご注意ください

また、ひとり旅でも危険が多いですし、ひったくりに合う確率も女性の方が圧倒的に高いですよね。

そういった日常の危険から身を守りつつ、生活していかなくてはいけません。

 

女性が一生一人で生きていくためにはかなりの覚悟と準備が必要

以上のようなことを考えると、男性に比べて女性が一人で生きていくということはハードルが高いことが分かりますね。

しかし、現在どんどん未婚率が上がり、一生一人で生きていく女性もどんどん増えていくと思われます。

 

そんな中で今考えなくてはいけないことは、「それでも一人で生きていく覚悟はあるのか」ということではないでしょうか?

元々一人で生きていくと決めていた方ならいいですが、私のように何となくここまで一人で来てしまったというパターンの場合、上記を考えると、今すぐにでも結婚相手を探したほうがいいのかもしれません。

 

特に、正社員でなかったり収入が平均年収よりもかなり低い場合、将来苦労する確率が高いです。

それであれば、結婚相手の条件など言っている暇はないと言うことです。

悲しいですが、男性はより若い女性を求めていますからね(^_^;)

 

やっぱり一番大事なのはお金

ただ、将来の不安のために好きでもない人と結婚するのか?

それで本当に幸せなのか?

そう考えると無理してまで結婚をする必要があるのか悩んでしまいますが、そこで無理をしない代わりに、上記のような苦労を背負うことになるのです。

 

しかし、上記で書いた女性にとって不利な点は、実はすべてお金があればある程度は解決できる問題ばかりなんですよね。

収入の問題はもちろん、自分でできないことはお金を払えば誰にでも手伝っってもらえるし、セキュリティーを強化することもできます。

 

私がそこまで結婚に焦りを感じていないのは、良くも悪くもそれなりの収入と資産があるからなんだと思います。

そう考えると、現在日本が抱える深刻な少子化問題は、やはり女性がそれなりの収入を得流ようになってしまった(その代わりに男性の収入は微減し続けている)ことが大きいのかもしれませんね。

 

まとめ

さて、厳しいようですが将来ひもじい思いをしたり国のお世話にならないためには、下記の2択しかないことになります。

 

男性と同じだけの収入を得る

B 無理なら条件を下げてでも結婚相手を見つける

 

私の場合、Aに当てはまるので将来の不安はそんなにないんですが、結婚をしないという決断ができないのは、やはり“子供を持たなくてはいけない”という思いです。

正直、結婚がしたいとはあまり思ったことはありませんが、漠然と子供のことに関しては考えているんですよね(^_^;)

 

なので、最近は結婚はさておき、子供を持つのであればそろそろ本格的に行動に移さなくてはいけないなと思っています。

内心、子供だけ作る方法はないかな??と思っているんですけどね(笑)

多分、キャリア志向の女性の中にはそう思っている人も少なからずいるのではないでしょうか?

今の日本じゃそういう無責任な考え方は叩かれそうですが・・・。

 

以上、

最後までお付き合いありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました