インビザライン矯正を始めて半年経過。どこまで変わった?

美容と健康
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたがアラサーで3,000万円の貯蓄に成功したのでセミリタイアしちゃったちーです。

私の人生の目標は”不安のない”自由を手にいれること。
当ブログでは、そのために私が実践しているミニマルライフ×投資×副業について紹介しています( ^∀^)
皆で安全に自由な人生を作っていきましょう♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

以前にインビザライン矯正について書きましたが、現在開始してやっと半年が経ちました〜。

現在、インビザラインというマウスピースで歯列矯正中です
皆さん自分の歯並びには満足していますか?数ある歯列矯正の中からなぜインビザラインというマウスピース矯正を選んだのか、そしてどのような流れで治療していくのか、などを実体験に基づいて具体的に紹介しています。

 

今は慣れて、何の違和感もなく生活に溶け込んでいますが、慣れるまでには色々ありましたので、そのあたりのことをご報告させていただきたいと思います。

まずは、前回詳しく書けなかったインビザライン矯正の流れをどうぞ!

 

スポンサーリンク

インビザライン矯正が終わるまでの流れ

まず、期間としては矯正用のマウスピースを装着する期間が1年ほど、その後は1年半リテーナーと呼ばれる保定用のマウスピースを夜だけですが装着して終了となります。

ということは、全体で2年半ですね。

まだまだ先は長いです・・・(^_^;)

 

ただし、マウスピースは取り外しが可能なため、基本食事の時間を除いた22時間装着していなくてはいけませんが、用があって外したり、食事の後うたた寝してしまったりと22時間以下になってしまう日も出てきます。

これが積み重なると、どんどん終了時期が後ろに延びてしまうようです。

 

次にマウスピースについてですが、10日ごとに新しいものに替えていきます。

最初に2ヶ月分をもらって、それが終わる頃に経過を見がてら新しいマウスピースを受け取るという感じです。

その後は3ヶ月と若干通う期間は長くなります。

 

マウスピースの付け心地について

前回も書いた通り、違和感があったのは最初だけで、その後は特に気なりません。

ただし、新しいマウスピースに替えて1日目は、やはりきついので若干違和感があるのと、取り外しもしにくいという感じです。

 

また、やはりしゃべりにくいので、舌足らずな感じになることはありますが、人から気付かれるレベルではありません。

基本、さ・し・す・せ・そが一番言いにくいので、サ行がオンパレードな言葉を言うと、噛んだりはします(笑)

 

マウスピース自身も、気付かれるどころか、「マウスピースしてるの分かる??」と聞いて歯を見てもらっても、「えっ分かんない・・・あーほんとだー!」っていうレベルですよ。

透明でツヤツヤしているので、マウスピースをはめている時のほうが歯が綺麗に見えるような気がします。

また、マウスピースが歯から外れないように歯自体に数ミリの突起が付けられるんですが、その突起も最初は結構目立つのでは!?と思っていましたが、マウスピースをしてしまえば全く分かりませんでした。

 

日常生活で困ること

ただ、やはり日常生活で困ることも何点かあります。

まず、食事の時には取り外さなければいけませんので、外出先ではトイレなどに行けないと、外すタイミングに困ります。

また、専用のケースを忘れると、収納場所に困ります。

今のところはティッシュでぐるぐる巻きにして何とか乗り切っていますが(笑)

 

また、マウスピースは透明なプラスチックでできているため、着色しやすく、色付きの飲み物はNGなのと、熱にも弱いため、熱い飲み物もNGです。

最初は忠実に水しか飲んでいませんでしたが、ストローなら大丈夫ということを聞き、最近はストローでぬるいカフェオレなんかは飲んじゃってます。

 

ただ、ストローで飲んでもやはり着色は避けられず、見て分かるほどではありませんが、若干黄色っぽく変色してしまうんですよね。

最近は、10日で新しいものに替えるし、まいっか!ということで、あまり気にしていません(^^)/

 

そして、歯を動かすために歯の間を削っているのですが、食事をするたびにめちゃくちゃ間に挟まります。

もともと歯がギチギチに生えていて全く隙間がなかったので、ものが挟まることがほとんどなかったんですよね。

なので、始めて楊枝を使う人の気持ちが分かりました・・・

あっ私は楊枝ではなく、毎回糸楊枝を使っています。

 

半年でどのくらい変わったか

次に、半年続けてどのくらい歯が動いてきたかですが、上の前歯は明らかに変わってきています。

もともと、私は上の前歯2本がけっこう出ていて、その次の歯と3分の1くらい重なっている状態でしたが、現在はほぼ並んできていて、舌でなぞってもラインが滑らかになってきています。

ニッと笑うと、一番見える上の前歯はかなり綺麗です。

 

しかし、下の歯はもともとけっこうなガタガタだったので、若干マシにはなってきましたが、まだまだといった感じですね。

ただ作った歯の隙間はけっこう埋まってきているので、確実に動いているなと実感しています。



 

インビザライン矯正:現在までの感想

さて、私自身半年で思ったよりも早く変化が出てきているなと感じていますが、下の歯はまだまだですので、やはりあと半年は必要なんだろうなという感じです。

その後の保定期間は、さらに1年半というと長い気がしますが、マウスピースをはめるのは夜だけになりますのでそんなに苦ではなさそうです。

 

正直、現段階では決断してよかったなと思っています。

欲を言えば、もって早い段階でやっておけばよかったんですけどね。

お金はかかりますが、それだけの価値はあると思います。

 

また、歯が綺麗に揃ったら、次はホワイトニングと今ある銀歯を全てセラミックに変える治療を行う予定です。

もうここまできたら止まりません(笑)

芸能人級の綺麗な歯を目指して、これからも頑張って矯正を続けていきたいと思います♪

矯正歯科をお探しなら、こちらで全国の矯正歯科を検索できますよ。
矯正歯科専門サイト『e-矯正歯科.com』で検索!

コメント

タイトルとURLをコピーしました