管理人ちーのアラサーでセミリタイアまでの道はここをクリック

子供のお小遣いは月初に3,000円渡すのと毎日100円渡すのとどっちが正しい?

家計管理
スポンサーリンク
この記事を書いた人

どうも!ザ・平凡会社員でしたが33歳で3000万円の貯蓄に成功しセミリタイアしちゃったちーです。

お金持ちは目指していません。
経済的自由(FIRE)を得るために必要な資産を作ることが目的です(^ ^)

当ブログではそのために私が実践している
「ミニマルライフ×副業×資産運用」
について紹介しています♪

アラサーdeリタイア管理人ちーをフォローする

 

先日、夫とひょんなことから子供の時のお小遣いの話になりました。

夫

昔1日100円お小遣いをもらっていて、それでどれだけ効率よくお菓子を買うかを毎日考えてたな

管理人ちー
管理人ちー

えっ毎日100円もらって毎日全部使ってたの?

夫

そうだよ

管理人ちー
管理人ちー

ゲームとか大きい金額のものが欲しい時はどうするの?

夫

そういう時はその時にくれって言う

管理人ちー
管理人ちー

それめっちゃリッチな小学生じゃない??

 

毎日100円ということは月に3,000円ですよね?

私は小学生の時にそんなにお小遣いをもらっていた記憶がありません。

しかも、それとは別に大きなものは買ってもらっていただと!?

 

スポンサーリンク

たくさんもらった感覚がない100円

そこで夫に小学生でお小遣いが月3,000円って多くない?と聞くと、そういう大きい金額で言われるとそうだね(°▽°)と帰ってきました。

そう夫は月に3,000円ももらっていたにも関わらず、100円という小さな金額から多くもらっているという感覚が全くなかったのです。

これって恐ろしいですよね。

 

しかもそれとは別に欲しいものは買ってもらっていたとなると、一体いくら欲しいもののために使っていたのか全く把握できませんよね?

ということは、夫の母自身も把握できていなかったのではないかと思います。

 

これって家計管理と同じで結局いくら使ったのか把握できておらず、毎日定額もらえてしかも他に欲しいものがあれば都度買ってもらえるとなると“使わずに貯めておく”という感覚も養われなかった可能性が高いですね。

 

まとめて渡したほうが配分を考える能力が養われる

ちなみに私はというと、月に1度まとめてもらっていました(金額は忘れましたが)

そして欲しいものはそのお小遣いから捻出することになっていたので、基本おねだりをしたという記憶もありませんね・・・。

 

例えば夫と同じ月に3,000円だった場合、最初は月初に3,000円をほぼ使ってしまい後半は辛い思いをするかもしれません。

しかしそれで学んで、10日までに1,000円、20日までに2,000円とか自分で考えて管理するようになると思うんですよね。

そして欲しいものがあれば、それを買うために毎月いくら残していけば何ヶ月後には手に入るとかの計算もするようになります。

 

こういう風に自分で計算し、工夫して使っていくという作業は小さいうちであっても重要なことではないでしょうか?

私はお小遣いをもらうようになってからお小遣い帳もつけていました。

親に言われてやっていたのか自分からやっていたのかは覚えていませんが、こういう経験も今の私の家計管理能力には活かされているなと思っています。



最近は定額渡さないのがトレンド!?

しかし、最近のお小遣い事情はもっと進化しているようですね!

昔のように定額を何も言わなくてももらえるシステムではなく、何かをした報酬としてお金がもらえるという方法を実践する方もいるようです。

ってか知らなかったんですが、そもそも何もしなくてももらえるお小遣いというシステムは日本だけらしいですね(笑)

 

ということで、何かお手伝いをしたり兄弟の面倒を見たりしたご褒美としてお小遣いを与えるというのもアリですよね。

もしくは、村上ファンドの村上さんだったかホリエモンだったか忘れましたが

名前

一生分のお小遣い100万円やるからこれを運用して増やしてみろ!

と言われて株式投資を始めたとかいう逸話もあるので、そういうのをやってみるのも面白いかもしれませんね( ^∀^)

 

管理人ちー
管理人ちー

ゼロになる可能性もあるけど、思わぬ才能を発揮するかも!?

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました